アフリカ美術の人類学 ナイジェリアで生きるアーティストとアートのありかた

2017年2月1日

緒方しらべ 著

ナイジェリア南西部、ヨルバ神話の舞台となる古都イレ・イフェで、たくさんのアーティストがアートなるものを制作して暮らしている。美術館や博物館、書籍や論文で取りあげられることはほとんどない。経済的に成功している者も、していない者もいる。それでも彼らは「アーティスト」と称している。イレ・イフェにおいてアーティストであるとはどういうことなのか。彼らの活動や生活は、地域とどう結びついているのか――。

ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)、国立民族学博物館出身の若手研究者が10年にわたるフィールドワークを集成。

続きを読む

煩悩即菩提 ― 2011年12月31日

アートに生きる ― 2011年12月24日

父よ、母よ ― 2011年12月17日

祈れ ― 2011年12月10日

時代が変わっても ― 2011年12月3日

I miss you ― 2011年11月26日

あおぞらエンターテイメント ― 2011年11月19日

はじまり ― 2011年11月12日

姉妹 ― 2011年11月5日



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS