ivermectina preo na araujo dosis de ivermectina en niños para escabiosis how much is ivermectin for humans ivermectina pastillas ivermectina dosis escabiosis adultos comprar ivermectina online rj how much is too much ivermectin

いつか、どこかへ ドォッカーデー


難民とタバコ

2010年10月31日

この絵や9月15日の記事に掲載した絵は、「モーニングスター」という若者が結成したグループの活動の一環として描かれた。
写真: この絵や9月15日の記事に掲載した絵は、「モーニングスター」という若者が結成したグループの活動の一環として描かれた。難民が組織するグループや団体は、フォーマルなもの、インフォーマルなものをあわせると、30以上にのぼる。「モーニングスター」はインフォーマルな部類にはいる。

嫌煙

禁煙や嫌煙は、世界的な潮流である。

「タバコには百害あって一利なし」という考え方は、難民にも浸透している。ただ彼らは、金銭的な問題から、タバコを日常的に吸っている人はそれほど多くない。かわりに、安価な葉巻や、タバコ入りのビンロウが嗜好されている。どちらも手に入りやすいので、抵抗はない。タバコを吸う女性は少ないが、ビンロウは男女を問わず嗜好されている。

しかし、支援の一環としておこなわれる「健康増進」「嫌煙教育」が功を奏してか、タバコへの忌避意識は高まりつつあるように感じられる。

ムプレ(20歳代・女性)は、半年前にシャン州から来たばかりの男性と結婚して、アメリカ行きを待っている。この男性は、ムプレが「タバコを吸うな、酒を飲むなと怒るから大変だ」と愚痴をこぼす。彼女の「禁煙ファシスト」ぶりに辟易した彼は、「それなら結婚しなかったのに」とぽつり。それを聞いた彼女は、「いまは女性が強いのよ」と得意げである。こんな「逆転」も、教育の「効果」であろう。

ただ、嫌煙観の「受け取られ方」は、やや教条的で極端な場合もある。
というのも、喫煙と飲酒は、社会問題となっている家庭内暴力(DV)とリンクしてイメージされることもあるからである。

絵にこめられた思い

この絵には夫、嫁と子どもの3人の家族が描かれている。この絵の構図は、タバコを吸う夫、そして夫からのDVを心配する嫁というものである。絵を描いたのは、ターワー(20歳代・男性)だ。この日の活動は、キャンプで問題になっていると思うこと、将来の夢や希望を絵で表現するというものである(9月15日の記事も参照)。

ある程度の年齢を重ねた青少年が、こういう活動をすることに疑問を持たれるかもしれない。こうした活動が行われるのは、彼ら自身が「難民には自分の考えを自由に表明する機会がない」ことを問題視し、自分の思考や内面を発表し、他の人と共有する場が必要だと考えているからである[1]

そのなかでターワーは、キャンプでも社会問題とされているDVを、男性側に力点をおくかたちで表現した。日本でも、しばしばタバコと非行・暴力はイメージとして結びつけられやすいが、直接DVと関連づけられることはないだろう。ムプレが「タバコを吸うな」と口を酸っぱくして言うのは、結婚したばかりの夫が、DV夫予備軍かもしれないという意識が働いているからかもしれない。

不思議なことに、暴力と結びつけられるのは、煙をふかすタバコであって、タバコ入りのビンロウではない。ビンロウはビンロウで、発がん物質があるとか歯がボロボロになるからという理由で、「問題視」されてはいる。それでも、タバコほど嫌われてはいない。

タバコで肩身の狭い思いをするのは、私たちからみて「地の果て」にある難民キャンプも然りである。
いや、もしかすると、規格化された支援パッケージのもと、「世界のトレンド」がいちはやく取りこまれる難民キャンプこそ、世界の「中心」なのかもしれない。


  1. [1]彼らが「問題発見・解決型」の思考方法になってしまうことには、別の問題があるが、その点は別の機会に述べたい。


著者紹介

久保忠行

久保忠行 (くぼ・ただゆき)

1980年、兵庫県に生まれる。2003年、大阪府立大学総合科学部人間科学科を卒業。同年から神戸大学大学院総合人間科学研究科へ進学。2006年に修士課程を修了し、2011年に同大学院の博士課程を修了(博士・学術)。同年4月から日本学術振興会特別研究員として京都大学東南アジア研究所に在籍。現在、タイ・ビルマ国境地域と日本の難民に関する人類学的な研究に取り組んでいる。

おもな業績に、「ビルマの『国民和解』に関する予備的考察―カレンニー社会から」、(『神戸文化人類学研究』、第2号、2008年)、「タイの難民政策――ビルマ(ミャンマー)難民への対応から」(『タイ研究』、第9号、2009年)、「難民の人類学的研究にむけて――難民キャンプの事例を用いて」(『文化人類学』第75号第1巻、2010年)、「難民キャンプにおける伝統の復興―難民キャンプと故郷の連続性」(『南方文化』第37輯、2011年)、『ミャンマー概説』(共著・めこん・近刊)などがある。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS