清水弘文堂書房のその日、その月

窪田暁 「野球+越境する漂流者たち -ドミニカ共和国滞在記-」

2009年6月12日

野球+越境する漂流者たち月日をおうごとに日差しが強くなり、夏到来の気配を感じる今日このごろ。弊社編集室がある海辺の町も、週末になると賑わいをみせるようになりました。波音を聞きながら、ビール片手に、ページをくくる……そんなことが楽しい季節。梅雨なんていらないのに、と誰もが思うのですが、これが毎年懲りずにやってくる。雨音と波音と読書、なんてのも風流かもしれません。

さて、本日より新たな連載ブログを開始します。若手の文化人類学者がドミニカ共和国と野球について、また、現地での暮らしぶり、自身の葛藤などを徒然と綴ります。「フィールドワーク」「野球移民」など聞き慣れない言葉が多いと思います。また、「文化人類学」って何? 「ドミニカ共和国」ってどんな場所? と思う人もいるかもしれません。月1、2回の更新になるかと思います。また、著者が現地訪問のあいだ、更新が滞るかもしれません。計40回のドミニカ彷徨、どうぞご覧あれ。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS