d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


天気予報

2011年3月5日

2009年10月2日 イフェ、モダケケ地区の下宿の2階バルコニーにて

夕方4時をまわればいつだって気にしてしまう、空の色。風が舞い、椰子やバナナの木々がざわめく。灰色の雲がぐんぐんと押し寄せて、淡い水色の空を覆っていく。ところどころ、その隙間から光がまだわずかに差しこんでいる。

露店のパラソルの縁がはためく。支柱の鉄パイプと重石のコンクリートブロックは耐えている。店主たちは商品に透明のビニルシートをかぶせる。客たちは足早に去っていく。電線が揺らめき、家々から音と明かりが消える。

「オジョンロ、サレオー(雨が降るぞ、走れ)」
後ろから聞こえてきた声に押され、走りだす。

大粒の雨と落雷で天地がどよめく。家や軒下で、人もヤギも、静かに待っている。

Photo
雨季の夕立が降りだす直前の空。灰色の雲が空を覆い尽くすと、10分もしないうちに大雨が降りだす。テレビやラジオ、新聞やインターネットで天気を確認することがほとんどないナイジェリアの暮らし。そこでは、空を見上げ、風を受ける。人びとの動きを見て、声を聴く。それが天気予報を知るということだ。
2009年10月2日 イフェ、モダケケ地区の下宿の2階バルコニーにて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS