書籍情報

ひりつく色

  • Amazon.co.jpで『ひりつく色』を買う
  • セブンネットショッピングで『ひりつく色』を買う
数量

ひりつく色

挾土秀平 著

日本を代表する左官職人が吐露する、思考の痕跡。
体験に裏打ちされた『生きた言葉』が描く色の物語。

土と水と言葉にあやつられたひとりの男。
「見えすぎる眼」をもつ左官が
土のかわりに怯えと狂気を塗りつける。
(編集者 中瀬ゆかり)

自分たちらしい変革と転身であるなら、
たとえ『左官』という職業でなくなってもいいと思っている。
新しい組み合わせ、新しい企画。
どんなジャンルでも、どんな人物であっても、
認め合えれば、引き出し合えたなら、新しいなにかが生まれる

日本図書館協会選定図書(第2954回 平成25年6月17日選定)

ある日のこと。
人けのない林の細い下り坂の途中だった。深山の清流を背にしたクマザサの奥を進むと、白骨化した獣の死体を脇にして、黒い顔をのぞかせていた粘土に手を伸ばした。

ぐっとつかんで陽にかざしてみると、指先から乾いてくる色あいが、まるで夜空のような青味を帯びている!

人生で神様を感じる瞬間が人それぞれにあるとしたら、
この瞬間が、自分の背骨をつかんだ運命的な場面だったと思う。

日本を代表する左官・挾土秀平が「自分の背骨をつかんだ」のは、夜空のような紺色の土に出会った瞬間だった――

自然の土が生みだすさまざまな「色」をテーマに、人との出会い、仕事、表現などへの思いをつづった25編のエッセー。


ISBN・分類コード
978-4-87950-616-0 C0095
価格
1500円(本体)+税
判型
四六判 並製本
発行年月
2015年5月

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS