「再生する国立公園」のタグが付いている記事

『再生する国立公園』『自然の風景論』が日本造園学会特別賞を同時受賞

2013年5月29日

公益社団法人・日本造園学会の平成25年度全国大会(会期5/24~26)にて日本造園学会賞の受賞者が発表され、瀬田信哉著『再生する国立公園 日本の自然と風景を守り、支える人たち』、西田正憲著『自然の風景論 自然をめぐるまなざしと表象』(ともにアサヒ・エコ・ブックス)の2冊が特別賞を同時受賞いたしました。

日本造園学会は造園学の領域で日本を代表する学術団体で、現在の会員数は約3200人。1925年から90年近い歴史を持ち、同領域ではわが国で初めて設立された団体でもあります。

日本造園学会特別賞は「自然と文化の保全を図り調和のある、新しい環境の創造に寄与した優れた造園に関する業績(著作出版業績を含む)に授与」されるものです。

この選考基準は、受賞した2作をはじめ、アサヒ・エコ・ブックスシリーズ全体が共有する理念とも重なります。その理念をストレートに評価していただいたことに、弊社としても一層の意義を感じております。


出版記念パーティー&にほんの里フェスタ&カナダ大使館、そして……

2009年5月22日

ブログの更新が1か月ぶりとは……。ゴールデンウィークいかがお過ごしだったでしょうか。休みまえからバタバタとし、ついつい更新が滞ってしまいます。

『再生する国立公園』出版記念パーティ4月17日(金)、浅草「スーパードライホール」内「フラムドール」2階にて、瀬田信哉著『再生する国立公園―日本の自然と風景を守り、支える人たち―』(Asahi Eco Books25)の出版記念パーティーが催されました。本書に登場する「日本の自然と風景を守り、支える人たち」も多くご出席いただき、盛会でした。著者の瀬田信哉さんの教え子の方々が中心に準備を進め、無事おえることができ、みなさまに御礼申し上げます。本日、「週間読書人」が届き、上記の書籍が日本図書館協会選定図書に選ばれたとのこと。これも、めでたし、めでたし、であります。

詳細


再生する国立公園 日本の自然と風景を守り、支える人たち

2009年3月5日

瀬田信哉 著

アサヒ・エコ・ブックス No.25

日本図書館協会選定図書(第2680回 平成21年4月1日選定)

link 瀬田信哉 著者紹介

C・W・ニコル氏推薦!

この国のかけがえのない自然と国立公園を守り、支えるために奮闘した人々の物語である。

「北には流氷が浮かび、南には珊瑚礁が広がる、多様な生態系に恵まれた島国、日本。しかし残念なことに、高度経済成長期以降、経済発展のため、自然の声に耳を傾ける人はほとんどいなかった。また、この素晴らしい自然と風景を守ろうとした人々の困難をともなう実りのある物語を、今となっては振り返る人はほとんどいない。そこには、多くの人々を自然保護に振り向かせ理解するよう働きかける必死の取り組みがあった。

 この本は、日本初の国立公園管理員(レンジャー)のひとりであり真の環境保全活動を考える筆者が私たちに語りかける、この国のかけがえのない自然と国立公園を守り、支えるために奮闘した人びとの物語である。そして、私の尊敬すべき大切な友人でもある筆者は、この忘れてはならない物語を語るのに最もふさわしい人である。」

財団法人C・W・ニコル・アファンの森財団(長野)理事長
C・W・ニコル

詳細

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS