清水弘文堂書房のその日、その月

セナパパさん新ブログ「犬ごころ、人ごころ―湘南ワン(WAN)記―」。年末年始の連載ブログの予定

2010年12月24日

クリスマス・イブです。明日はクリスマス。悲しいかな、波音を聞きながら、PCとにらめっこしています。ここ何年もクリスマスとは縁遠い生活。商業主義とは無縁に、たんたんと過ごす一夜……これが習慣になりつつある30歳男独身。

さて、そんなぼやきにも似た書き出しはいいとして、本日は新ブログのおしらせです。本日から新ブログを開始します。セナパパさんの「犬ごころ、人ごころ―湘南ワン(WAN)記―」です。

主役は「セナ」と「アンディ」という2匹のゴールデン・レトリーバー。元雑誌編集長が綴る、心あたたまる湘南ワン物語です。「こんなに犬って表情があるんだ」というような写真がたくさんあります。当然のことながら、犬って人間よりも寿命が短いですよね。そこには出会いがあり、別れがあり、喜びがあり、悲しみがあります。「人間と犬のつながりってなんだろう?」、「ペットを飼うということは?」、「そもそもなんで人は犬を飼うのか?」などなどを考えさせてくれるPhoto Essayになることを期待しています。犬嫌いな方も、ペットを飼う人の気持ちがわからないという方も、これを読めば、「犬を飼う人間の生態系」がわかるかもしれません。第2/第4金曜日更新予定ですので、どうぞお楽しみに。

さて、年末年始の連載ブログの更新予定です。久保忠行さんの「いつか、どこかへ、ドォッカーデー」は30日(木)お休みいたします。緒方しらべさんの「d beauty of 9ja」は1月1日(土)お休み。窪田暁さんの「野球+越境する漂流者たち」は1月9日(日)休載いたします。高橋雄介さんの「一人企業」は30日(木)予定通り更新いたします。

今年も残すところあとわずか。最後の力を振り絞って飲みましょう、じゃない、がんばりましょう!

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS