いつか、どこかへ ドォッカーデー


多民族、多宗教、多言語

2010年8月15日

左の水色のターバンを巻いているのがパオー、続いてカヤー、シャン、パクの諸民族。
写真:左の水色のターバンを巻いているのがパオー、続いてカヤー、シャン、パクの諸民族。普段からこのような伝統衣装を身につけているわけではない。祭事や記念行事のときだけ身につける。なお、パオーの伝統衣装では、本来オレンジ色のターバンを身につけるが、ここでは水色のもので代用している。

多民族、多宗教、多言語

すべての国家が多民族からなるように、難民キャンプも例外なく多民族、多宗教、多言語状況にある。タイの難民キャンプには、「カレン難民キャンプ」、「カレンニー難民キャンプ」、「モン難民キャンプ」という主要民族の名がつけられているが、内実は多様である。

たとえば、カレンニー難民キャンプには、カヤー、カヤン、カヨー、パク、ブウェ、マノー、シャン、パオーなどの諸民族が混在している。宗教は、統計上カトリック、バプティスト、仏教徒、アニミズムにわけられるが、これらが「混じっている」こともあり、必ずしも、宗教というくくりで分類できるわけではない。ただし、諸民族の言葉の違いは、民族的な帰属意識や宗教よりも、語感でその違いがはっきりとわかる。

たとえば、カヤー語やカヤン語は、言語学上、「カレン諸語」にくくられるものの、それぞれの母語でお互いに会話するのは難しい。文法も単語も異なるからだ。もちろん類似する単語はあるのだが、母語では会話できないので、諸民族の共通語はビルマ語になる。

幼いころから、いくつもの言葉を、ごく自然に使いわける人たちをみていると、彼らの頭のなかはどうなっているのだろう、思考するときには、何語を使うのだろう、どんな風に言葉を習得していくのだろう、といつも不思議に思う。

複数の言葉にかこまれること

夫がカヤーで、妻がカヤンの家族の例を紹介しよう。夫の母語はカヤー語、妻の母語はカヤン語。妻はキャンプの学校で習ったカヤー語を少しだけ話せるが、夫と会話をするさいには、ふたりとも不自由なく話せるビルマ語を使っている。

2004年の暮れに、2人のあいだにひとりの男の子が生まれた。この子は、ビルマ語でタター(息子)と呼ばれている。彼が生まれてから3年後に再会を果たすと、大きくなったタターは、少しだけ言葉を話せるようになっていた。

タターの面倒は、父方の親族が世話をすることが多い。だからタターに向かって発せられる言葉は、カヤー語である。母親は、隙をみてカヤン語を覚えさせようとするが、反応は鈍い。母親にとってカヤー語は、学校で習った言葉もあってか、ときどき、タターが言っていることの意味がわからず、ストレスを感じていたようだ。諸民族の共通語はビルマ語でも、タターにはビルマ語で話しかけることは、なかった。

あるとき、不思議なことに気がついた。タターが、「アルゥ~、アルゥ~(ジャガイモ~、ジャガイモ~=ジャガイモが食べたい)」と、ビルマ語の単語を発している。カヤー語やカヤン語にない単語は、ビルマ語やタイ語から借用することがある。だから、タターが「アルゥー」と言っているのも、そうだと思っていた。

それでも彼が3歳半くらいになったある日、タターは突然、「ベートワーマレー(どこへ行くの?)」と、ビルマ語で私に尋ねてきた。驚いた私は試しに、「ダーバーレー(これは何?)」と尋ねてみると、「ナーイー(時計)」とビルマ語で答えがかえってくる。ほかにも「これを見てみる?」、「これは好き?」など、質問をぶつけてみたが、どうやら通じているようだ。

同じように、タターの1歳年上のオジ(彼の父には20歳ほど離れた弟がいる)も、カヤー語話者にかこまれた生活をしているのに、ビルマ語を理解し、話すことができる。

彼らはいつのまにビルマ語を覚えたのだろうか。

タターは、両親がビルマ語で会話をしているのを聞いて覚えたのだろう。タターのオジも、まわりの大人が話しているのを、真似ているのだろう。

学ぶとは、まねぶ(真似る)ことだと実感した瞬間だった。

日常のなかで言葉を学ぶ子どもには、カヤー語(カヤン語)が母語で、ビルマ語が母国語だという区別はないだろう。そもそも、タイで生まれた子どもにとって、ビルマ語は母国語といえるのだろうか。難民として暮らすなかで、こうして身につけた言語を、いまだ見ぬ祖国の言葉として想像する日が来るのだろうか。

(毎月15・30日更新)



著者紹介

久保忠行

久保忠行 (くぼ・ただゆき)

1980年、兵庫県に生まれる。2003年、大阪府立大学総合科学部人間科学科を卒業。同年から神戸大学大学院総合人間科学研究科へ進学。2006年に修士課程を修了し、2011年に同大学院の博士課程を修了(博士・学術)。同年4月から日本学術振興会特別研究員として京都大学東南アジア研究所に在籍。現在、タイ・ビルマ国境地域と日本の難民に関する人類学的な研究に取り組んでいる。

おもな業績に、「ビルマの『国民和解』に関する予備的考察―カレンニー社会から」、(『神戸文化人類学研究』、第2号、2008年)、「タイの難民政策――ビルマ(ミャンマー)難民への対応から」(『タイ研究』、第9号、2009年)、「難民の人類学的研究にむけて――難民キャンプの事例を用いて」(『文化人類学』第75号第1巻、2010年)、「難民キャンプにおける伝統の復興―難民キャンプと故郷の連続性」(『南方文化』第37輯、2011年)、『ミャンマー概説』(共著・めこん・近刊)などがある。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS