いつか、どこかへ ドォッカーデー


プロローグ その2

2010年7月15日

カレンニー難民キャンプ3(当時)の高校生からの手紙(詳しくは本文参照)
写真: カレンニー難民キャンプ3(当時)の高校生からの手紙(詳しくは本文参照)

初めての滞在

「首長族」と呼ばれる彼女たちは、みずからのことを「カヤン」と呼ぶ。私がジャパンポ(日本人)であるように、自分たちは「カヤンポ(カヤン人)」であるという意識がある。そんなカヤンの人びとの故郷は、隣国ビルマにあり、自分たちは難民であるという。村の雰囲気はいたって平和だし、難民と言われてもピンとこなかった。ただ、滞在にあたり、安全上の理由から、観光村で寝泊まりしてはいけないと言われていた。だから私の寝床は、観光村から「徒歩30歩」のタイ人が居住するエリアの村長の家となった(「村が危険」とされた理由は、ずいぶん後から知ることになる)。

村での毎日は、自分なりに「カヤン・日本語辞書」をつくりつつ、少しずつ彼女たちの「首輪の謎」と「観光客の相手をすること」への認識を聞き取ることにした。当時10歳の少年につれられて、隣の観光村(といっても山道を私の足で1時間ほどかかる)のフェプケン村へ遊びにいったりもした。

この少年は、自分たちのことを指して、「カヤン」と言うこともあれば、「カレンニー」と言うこともある。「カヤンなのかカレンニーなのか、どっちなんだ」と問うても、「両方」というような答えが返ってきて要領をえない。観光業の謎に加えて、彼らの民族意識の所在はどこにあるのかも私を悩ませた。

もうひとつの観光村

そんなある日のこと、ある女性と話をしているところに、村のものではない若い男性が寄ってきて、おもむろに一枚の手紙を渡してきた。その手紙には、英語でこんなことが書かれてあった。

「私たちは、カレンニー難民キャンプ3の高校生です。高校の図書館への寄付金を募っています。私たち、カレンニー難民キャンプ3の高校生は、私たちの将来に向けて教育をつづけるよう努力しています。寄付金はいくらでも歓迎します」

私は気前よく100バーツ [1] を彼に手渡した。彼はお礼を言ってその場を立ち去った。
このやりとりをみていた女性は、私に「偉い!」と言って褒めてくれた。それからというもの、村の住民は、私に「ナイソイ村へはいったことがあるか?」「ナイソイ村へはいかないのか」としきりにすすめてくる。そこには、もうひとつの観光村があるという。もちろんその村には、誰も知り合いはいないし、あまり乗り気ではなかったが、すすめられるがまま、いってみることにした。

そこは、ファイスアタオ村よりも大きな観光村で、到着したころには子どもたちがバレーボールをして遊んでいるところだった。すると、10メートルほど先の茂みのなかから、ひとりの少女が出てきた。それはフェプケン村で出会った中学生の少女である。初めて訪問する村で、私には居場所がなかったこともあり、その少女が出てきた先に興味が移った。

「あっち側へはいけるの?」 私は少女に尋ねてみた。うなずく少女。

茂みの奥には……

いってみると、茂みのなかに小径ができている。10メートルくらい進むと、突然視界が開けてきた。赤土色の大地に、観光村と同じように立ち並ぶ家々。日差しが強いせいか、あまり人影はみられない。崖の壁には教会があり、その先は広場になっている。ようやくピンときた。ここが難民キャンプだ。高床式で、竹の骨組みと葉を重ねた屋根からなる家のつくりは、観光村のそれと同じだ。

しばらく歩いてみると、家のなかに人がいる。家のなかでおしゃべりをしている人たちは、こちらに目を向けるが、とくに関心はないようすで、すぐに目線をそらす。なにを話せばいいのかわからず、話しかけることができなかった。1時間ほど歩き回ったが、まだキャンプの全体像はよくわからなかった。それほど広大な土地に、多くの人が住んでいた。

滞在先へと引き返す途中、子どもが寄ってくる。
「ハーバー、ハーバー(5バーツ、5バーツ)」。それを振り切るようにして、私は難民キャンプを後にした。

難民キャンプで生きるということ

後でわかったことだが、この難民キャンプは、「カレンニー難民キャンプ3」と呼ばれる場所であった。当時は、私のように「たまたま」難民キャンプを訪問し、そこで英語教師をする西洋人の旅行者もいた。しかし、このキャンプは翌年の2002年に、より国境に近いキャンプ2に移転させられ、現在はない。2年後に再訪したが、住居はすべて取り壊され、人が住んでいた気配はなくなっていた。

このキャンプ訪問を境に、私はここに本当に難民がいることを実感しはじめた。そして、カヤンの人びとの祖国ビルマについて調べるにつれて、なぜ彼女たちがタイにいるのかも、なんとなくわかったような気になった。ビルマでは、内戦がつづいており故郷に住むことも、帰ることもできないのだ。

観光という光と、その影にある難民。観光と難民をつなぐ隣国ビルマの紛争。「観光と紛争」という奇妙な同居が、私を惹きつけた。

カヤンの人びとは、難民として来ているから、観光業を営み、生計を立てていくしかない。そう考えることで、カヤンの人びとが「見せもの」にされているという違和感は、次第にやるせないものへと変化していった。この先も、ずっと観光村での生活がつづくのだろうか。何万人にもおよぶビルマからの難民はどうなるのだろうか。祖国へ帰ることはできるのだろうか。そして、「カヤン」と「カレンニー」には、どんな関係があるのだろうか。

注1: 1パーツ約3円。5バーツでスナック菓子が買える程度の金額。 [ ]

(毎月15・30日更新)



著者紹介

久保忠行

久保忠行 (くぼ・ただゆき)

1980年、兵庫県に生まれる。2003年、大阪府立大学総合科学部人間科学科を卒業。同年から神戸大学大学院総合人間科学研究科へ進学。2006年に修士課程を修了し、2011年に同大学院の博士課程を修了(博士・学術)。同年4月から日本学術振興会特別研究員として京都大学東南アジア研究所に在籍。現在、タイ・ビルマ国境地域と日本の難民に関する人類学的な研究に取り組んでいる。

おもな業績に、「ビルマの『国民和解』に関する予備的考察―カレンニー社会から」、(『神戸文化人類学研究』、第2号、2008年)、「タイの難民政策――ビルマ(ミャンマー)難民への対応から」(『タイ研究』、第9号、2009年)、「難民の人類学的研究にむけて――難民キャンプの事例を用いて」(『文化人類学』第75号第1巻、2010年)、「難民キャンプにおける伝統の復興―難民キャンプと故郷の連続性」(『南方文化』第37輯、2011年)、『ミャンマー概説』(共著・めこん・近刊)などがある。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS