いつか、どこかへ ドォッカーデー


いつか、どこかへ ドォッカーデー

2010年6月15日

メーラ難民キャンプ。最大のビルマ難民キャンプで、一時期、人口は5万人を超えていた
写真: メーラ難民キャンプ。最大のビルマ難民キャンプで、一時期、人口は5万人を超えていた

どこの国民でもない人たち

世界の全人口の216人に1人。この数字はなにを意味するのか、ご存じだろうか。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、2007年末の段階で、同事務所が把握している懸念対象者 [1] の数を3167万人としている。そのうち、自国の外に逃れた難民数は1139万人、自国内にとどまる国内避難民の数は、2027万人にのぼる。

世界の人口約67億人のうちの3167万人、つまり、216人に1人は、「どこの国民でもない人」の数である。この数は、実際にはさらに多いと思われる。それにもかかわらず、私たちは、この境涯にある人のことを、どれだけ知っているだろうか。テレビに映し出される「難民」像は、本当なのだろうか。私もまた、彼・彼女らに出会うまでは、なにも知らなかったひとりである。

このブログでは、私がひょんなことから調査・研究することになったタイ・ビルマ [2] 国境の難民の日常を綴っていきたい。

ドォッカーデー、未来へ向けて

ブログのタイトルにある「ドォッカーデー」とは、ビルマ語で、「苦難を味わう人、困り果てた人、災難に遭った人」を指す。これが転じて「難民」という意味になる。難民が抱える困難や災難とはなにか。故郷を離れること、家を失い家族と離散すること、あるいは難民キャンプという「監獄」に収容され、自由を奪われること……と枚挙にいとまがない。想像してみて欲しい。あれを食べたい、これが欲しい、ちょっとそこまで出かけたい……難民になることは、こうした日常的な欲求をかなえることができないことでもある。

そんな生活が、10年、20年と生涯つづくとしたらどうだろうか。諦めの境地にたち、慣らされていくのか。それとも、知恵をふりしぼって状況を改善しようとするのだろうか。

「いつか、どこかへ」と題したこのブログでは、難民が直面する苦境を踏まえつつ、そのなかでたくましく、したたかに生きる人びとの歴史と「いま」を描きたい。

多くの人にとって、難民のまま人生の最期を迎えるのは本意ではない。未来志向のタイトルは、長期間にわたって難民生活をつづける人びとの希望と、私の願いをあらわしている。

(毎月15・30日更新)

注1: 庇護申請者、難民、国内避難民、帰還民、無国籍者 [ ]
注2: ビルマとミャンマーという呼称については、次回以降で触れる [ ]



著者紹介

久保忠行

久保忠行 (くぼ・ただゆき)

1980年、兵庫県に生まれる。2003年、大阪府立大学総合科学部人間科学科を卒業。同年から神戸大学大学院総合人間科学研究科へ進学。2006年に修士課程を修了し、2011年に同大学院の博士課程を修了(博士・学術)。同年4月から日本学術振興会特別研究員として京都大学東南アジア研究所に在籍。現在、タイ・ビルマ国境地域と日本の難民に関する人類学的な研究に取り組んでいる。

おもな業績に、「ビルマの『国民和解』に関する予備的考察―カレンニー社会から」、(『神戸文化人類学研究』、第2号、2008年)、「タイの難民政策――ビルマ(ミャンマー)難民への対応から」(『タイ研究』、第9号、2009年)、「難民の人類学的研究にむけて――難民キャンプの事例を用いて」(『文化人類学』第75号第1巻、2010年)、「難民キャンプにおける伝統の復興―難民キャンプと故郷の連続性」(『南方文化』第37輯、2011年)、『ミャンマー概説』(共著・めこん・近刊)などがある。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS