how well does ivermectin work on scabies se puede tomar ivermectina de uso veterinario can you put ivermectin on goats ivermectina 10 ml precio how long does ivermectin stay in cattle ivermectina onde comprar em sao paulo

犬ごころ、人ごころ


写真を選ぶ側から撮る側へ

2010年12月24日

はじめに簡単な自己紹介をしておこうと思う。
私は湘南・鵠沼にゴールデン・レトリーバーと暮らしているいい歳をしたオトコである。今年(2010)の春までは2匹のオスといっしょだった。過去形で記したのは、残念なことに最初に暮らし始めた愛犬「セナ」がこの春に他界してしまったからだ。齢12歳と5か月だった。現在はもう一匹の愛犬、8歳になる「アンディ」と、そして長年私の相棒となっている女性とともに、オフィスも兼ねる自宅で暮らしている。

イヌを飼い、いっしょに生活するようになって、あまりに多くのことが変化した。それは表面的なことから内面的なこと、しいてはモノの見方や価値観まで、実に大きな影響を私に与えた。このフォトエッセイはその影響によって得たものやわかったことなどを、お伝えしたくて始めたものである。

最もわかりやすく変わったことが、本格的に写真を撮り始めたことである。
実は、私たちは2人で小さな会社を設立し、ずっと雑誌編集を主な土俵として活動してきた。なので仕事柄、多くのカメラマンと撮影をともにし、編集作業の過程で撮影されたさまざまなジャンルの写真を見て、目的に合わせて選んできた。

写真と常に接してきた環境で過ごしてきたのである。自分でもそれなりに撮影してきたが、あくまで撮る側ではなく選ぶ側だった。そして、自分の愛犬を飼うようになり、イヌに関する写真をはじめて意識して見るようになった。

すると、雑誌や書籍、カレンダーなどの犬の写真を見ても、なにか違和感を覚えることが多く、感銘を受ける写真に出会える機会もあまりなくて不思議だった。

「何かが足りない。飼っているから余計にそう思うのか? それならば自分で撮ってみよう、撮ればその理由も何かがわかるだろう」
ということで、本格的に自分で犬の写真撮影を始めた。写真を”選ぶ側”から”撮る側”に立ち位置を180度変えたのである。写真眼にはそれなりの自信を持っていたので、犬というテーマに関して真剣に取り組めばわかるだろうし、自分でも撮れるだろうというほのかな確信はあった。

もちろん撮影モデルは愛犬セナで撮影を始めた。すると次々といろいろなことがわかってきた。写真についても、イヌについても、新しい発見の連続だった。そして気がついてみると何をするよりもイヌの写真を撮っているのが一番興奮し、楽しんでいる自分がそこにいたのである。

既存の写真に対して覚えた違和感は、犬のありのままの姿、自然な姿が、あまり写っていないと感じたからにほかならない。特に、愛犬が無邪気に、一心不乱に遊んでいるとき、ファインダーを覗いていたら、瞬間的にそのことを認識した。
「犬のこういうのびのびした姿は写真であまり見かけない」
「記念撮影やたんなるスナップの延長みたいなものが多い」
そう思った。
飼い主だからわかるが、こういうときのセナが一番輝いているわけで、彼の魅力や本質がここに凝縮している。
「犬の写真のキモはこれだ」
私の心にそれは強く刻みこまれた次第である。

Photo
走り:セナは笑っている表情を頻繁に見せる犬だった。これは壮年期に笑いながら走っている貴重な瞬間

Photo
ブルブル:犬は濡れた後などによくブルブルをする。ゆっくりとしたモーションからのブルブルはセナならでは


著者紹介

池野谷 健二(いけのや けんじ)
Editor, Photographer, Writer, DTP Director
湘南・鵠沼在住
ken [at] dogphoto.jp ([at] を @ に変えてください)

出版社勤務を経てから平成2(1990)年に独立。様々な編集・制作業務に携わり、20年以上にわたる雑誌編集長のキャリアも持つ。現在はフリーとして活動中。

1997年、ゴールデンレトリーバーのセナ(♂)を飼い始めたことがキッカケで犬の撮影を始め、2002年に2匹目のアンディ(♂)も家族の一員に。それからは愛犬が生活の中心にいるという生活となる。2010年4月、初代のセナが亡くなり、2011年3匹目のディロン(♂)が家族に加わり、現在は2匹のゴールデンとともに暮らしている。

★ 犬の写真サイト「dogphoto.jp」:URL http://dogphoto-jp.wix.com あるいは dogphoto.jp
★ 写真集『ゴールデンが最高』/¥1,500(税込) ホームページ「dogphoto.jp」内のボタンより購入可能
★ 電子書籍フォトエッセイ「犬の写真で癒されよう/¥500」(ブクログのパブー http://p.booklog.jp にて販売)。
★ 2014年8月、初の写真展「犬と海」を神奈川県葉山町の葉山クラブにて開催。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS