犬ごころ、人ごころ


犬は自分を映す鏡のひとつ

2013年11月12日

inuhito1_IMG_8660-2

=ある世界的なカリスマドッグトレーナーが出演しているアメリカの番組を、最近機会があるたびに見ている。愛犬の問題行動に悩んでいる人はアメリカにもたくさんいる。そして番組では、犬との健全な関係を築くコミュニケーションをはかっていく上で、飼い主の「信頼と忍耐、そして良いエナジー」の重要性を盛んに語っている。それがベースにある上で、しつけを始めとするさまざまなアクションを行うということだ。犬はそういうことを敏感、かつ瞬時に見極めているという。
=もちろん人が犬を選んでいるわけだが、逆に犬も人を選んでいる、評価されているということを意識せず、自分の利己的な心を、多くの場合、無自覚的にしろ犬に押し付けている飼い主もたくさんいるというわけだ。また、押し付けるということはたいていせっかちになりがちなことも事実だ。だから、番組を見ていると、犬をしつけていくことよりも、飼い主、つまり人間を教育していくという部分が多いぐらいなのである。
=日本でも意識の高い飼い主が増えてきたとはいえ、飼われる犬の数も増えているので、そういう状況は変わらないと思う。

inuhito2_IMG_7247-2

=この人は信頼に足る人間なのかという深い部分までを犬が判断しているとは言わないまでも、犬に対して恐怖心などのネガティブなエネルギーを発していたり、たとえ犬好きでも、その時の犬の状態を考慮せずに自分中心のエネルギーを発散していたり、せっかち系の自分のペースを押し付けていくと犬との信頼関係は築けないし、犬の問題行動も現出してくる。つまりその人の心の状態や性格の傾向が犬に投影されてしまうのだ。人も自然体でリラックスしながらも、毅然とした態度で忍耐強く接することが基本とその番組では教えていた。

inuhito3_IMG_0578-2

=“愛犬は飼い主に似てくる”とか、“犬は自分を映す鏡”というようなことを、私もこのブログで書いたが、その番組を見て、自分の思っていることはまんざら間違っていないなと再確認した次第である。
=以前に私は犬に好かれるみたいで、相棒の女性から“あなたは犬だから”と言われているとも書いたが、自分の状態をよくよく振り返ると、確かに私が犬に会うときは自然体に近いと思うし、たとえ知らない犬でもその犬の状態を見た上でだいたいリラックスできている。その犬に問題がありそうな場合でも、恐怖心というよりも平常心を保ちながら高い集中力を持って接してきたと思う。だから犬もこの人は信頼してもいいと思ってくれたから懐いてくれたのだろうし、問題犬でも私の言うことはよく聴いてくれた経験もあるから、私の犬との接し方は間違っていなかったと、改めて自信を持つこともできたのである。
「犬は犬好きの人がわかるよね」とよく言われるが、単純に好きな気持ちを持てば犬がわかるのではなく、心が自然体を保てるような好きという感情の持ちようが大切で、そうすれば信頼してもいい人だと犬が判断するというのがより正確だろう。
=それにしても、たかが犬、されど犬。これほど人の心の状態を見抜ける感性を持っている動物は、他には存在しないだろう。さらに言えば“犬ごころ”と“人ごころ”の構造は、かなり似通ったところがあり、だから犬もそういう感性を備えることができたのではないだろうか。
=最後に、蛇足ながら最近撮影した面白い写真があるので紹介させてもらいます。題して『虹に願いを』です。

inuhito4_S0142202-2

Photo
犬と相対するとき、平常心でリラックスするべきと気付かせてくれたのは、初代犬セナだった。穏やかで優しくナイーブな犬だったから、こちらがネガティブなときやマイナスの気持ちのとき、彼はすぐにこちらを気遣う表情やそぶりを見せた。

Photo
私に「犬は自分を映す鏡の一つ」と明確にわからせてくれたのは2代目のアンディ。セナに比べてしつけに苦労したがゆえに、こちらの状態しだいで犬の反応が変わってくることなど多くのことを学んだ

Photo
私たちが飼い主として成長してから来た3代目のディロンは、もともといい子で頭が良いこともあって、とても順調に育ち、アンディも含めとても良好な信頼関係が築けている

Photo
この写真が、題して『虹に願いを』。虹に向かって立ち上がるディロンです。何か願いを伝えたのか? それとも……虹は台風26号の通過直後に表れた


著者紹介

池野谷 健二(いけのや けんじ)
Editor, Photographer, Writer, DTP Director
湘南・鵠沼在住
ken [at] dogphoto.jp ([at] を @ に変えてください)

出版社勤務を経てから平成2(1990)年に独立。様々な編集・制作業務に携わり、20年以上にわたる雑誌編集長のキャリアも持つ。現在はフリーとして活動中。

1997年、ゴールデンレトリーバーのセナ(♂)を飼い始めたことがキッカケで犬の撮影を始め、2002年に2匹目のアンディ(♂)も家族の一員に。それからは愛犬が生活の中心にいるという生活となる。2010年4月、初代のセナが亡くなり、2011年3匹目のディロン(♂)が家族に加わり、現在は2匹のゴールデンとともに暮らしている。

★ 犬の写真サイト「dogphoto.jp」:URL http://dogphoto-jp.wix.com あるいは dogphoto.jp
★ 写真集『ゴールデンが最高』/¥1,500(税込) ホームページ「dogphoto.jp」内のボタンより購入可能
★ 電子書籍フォトエッセイ「犬の写真で癒されよう/¥500」(ブクログのパブー http://p.booklog.jp にて販売)。
★ 2014年8月、初の写真展「犬と海」を神奈川県葉山町の葉山クラブにて開催。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS