d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


ゴッド・ブレス・ナイジェリア

2011年6月25日

2011年5月28日 ラゴス、オショディ・アパパ・エキスプレスウェイにて

2011年、9jaで再会した人たちの多くは、「震災で大変だったんだってね」と声をかけてくれた。新聞、テレビ、インターネットを通じて、「3.11」のニュースにこの国でもたくさんの人びとが胸を痛めた。

地震や津波、噴火や台風といった天災のない自国について、「これは神が9jaにあたえた恵みだ」と言う人たちがいる。それに対してかならず返ってくるのは、「天災はなくても人災だらけじゃないか。毎日どれほどの人間が交通事故で、病気で、空腹で死んでいってると思う?」という声。リーダー(政治家)たちが国の富を独占して居座りつづける限り、この人災は永遠に起こりつづけるという嘆きだ。

2011年5月より、ナイジェリア連邦共和国を率いるグッドラック・ジョナサンの新政権。死者をともなういくつかの暴動は起きたが、ナイジェリアの選挙史上もっとも公平に、最小限の被害におさえた選挙によって誕生した。「これからナイジェリアはよくなっていく」という期待の声も耳にするが、あたらしいリーダーたちは「人災」をとめることができるだろうか。1億5000万の国民の切実な願いは叶えられるのだろうか。

「ゴッド・ブレス・ナイジェリア(ナイジェリアに神の恵みあれ)」
渋滞でゆっくりと進むトラックの背に記された文字を、雨上がりに現れた光のなかではっきりと見た。

Photo
2011年4月の選挙後、同年5月末の新政権の誕生前日にナイジェリアに入国し、空港から友人宅までの道のりで目に入った文字。ナイジェリアのほとんどのトラック、大型トレーラー、バス、バイクタクシーなどの商用車には、「モットー」といって、車の所有者(ドライバー)の思い思いのメッセージや格言が書かれている。「モットー」を書くのは、地域のアーティストたちの仕事のひとつでもある。
2011年5月28日 ラゴス、オショディ・アパパ・エキスプレスウェイにて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS