d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


とくべつな恩寵

2011年5月7日

2009年12月10日 イフェ、エヌワのジョナサンの工房にて

「あぁ、いたの? ごめん、気づかなかった。神と話をしてたもんでね」
ジョナサンは頭をあげてこちらを見ると、照れ笑いを浮かべて言った。格子窓から差しこむ天日で、彼の鼻とくちびるのあいだに散りばめられた汗のつぶが、またたいている。

街の教会から依頼を受け、ジョナサンは木製のドアの表面に十字架や聖人を彫っているところだった。その姿はいつになく洗練されている。きっといま、彼は神をすぐそばに感じている。

ふだんはもっぱら、ヨルバの土着信仰の神々の像や儀礼に使う装飾道具を彫るジョナサン。街の木彫家のなかではもっとも多くの顧客をもつ。けれども出会ったときから、彼はきっぱりと言いつづけている。「俺はいつか牧師になるんだ――神のとくべつな恩寵によってね」

彫ることが得意だから、彫る。食べていかなければならないから、彫る。それは生きる術でしかない。生きるすべては、キリスト教の神に仕えること。

いつかどこかの教会で、重厚な木彫りの扉を開くと、ステンドグラスから注がれる光に照らされたジョナサンが立っているのだろう。いつかきっと、彼の信念によって。

Photo
教会の木製のドアの表面を彫るジョナサン。教会に依頼されてキリスト教の彫刻(扉、十字架、聖母や聖人の像など)を制作することは、イレ・イフェの木彫家たちの重要な仕事のひとつ。2009年12月10日 イフェ、エヌワのジョナサンの工房にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS