d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


オロカダ!

2011年1月17日

以前ここでオロカダをしていたアーティストのパパケイに紹介してもらい、オロカダたちが客待ちをしている場所で撮影させてもらった。

バイクタクシーの運転手のことを、ヨルバ語で「オロカダ」という。文字通りの訳は、「バイクを持つ人」。

飛行機、バス、自家用車、バイクといった交通手段のなかで、もっとも多くの人びとがナイジェリア国内で利用しているのは、おそらくバイクだろう。100~125ccのバイクは、タクシーや自家用の乗り物として一番身近に存在している。

「バイクは危ないから極力乗らないように」
子を持つ親や老いた親を持つ子なら、きっと必ずそう言う。道を行く車と人の隙間を飛び交うハエのようなバイクは、人びとに怪我をさせ、命すら奪う。バイク事故があまりに頻繁であることから、2009年よりヘルメット着用が促されるようになったが、徹底化にはいたっていない。リスクを考えれば、バイクには大切な人を乗せられない。

それでもわたしたちはバイクに乗る。ラッシュアワーやしょっちゅうおこる洪水時の渋滞では、バイクのみが前進できる。地方都市の住宅地や村の道は舗装されていないから、バイクだけが頼りだ。

手と目で合図しながらオロカダを呼びとめる。
「オロカダ!」――それは9jaの日常の、ときに愚かで、ときに賢明な選択の叫びだ。

Photo
以前ここでオロカダをしていたアーティストのパパケイに紹介してもらい、オロカダたちが客待ちをしている場所で撮影させてもらった。
2009年1月29日 イフェ、イラレ地区のサーボージャンクションにて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS