d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


30

2010年7月31日

オメナと一緒にわたしの部屋で晩ご飯を食べた(鶏肉とオクラのシチューと、キャッサバを醗酵させた餅)。オメナの住むデルタ州は、ナイジェリアでもっとも治安の悪い産油地帯に近い。遊びにおいでよと何度も誘ってくれるけれど、まだ会いに行けない。代わりに彼女が、イフェまでよく会いに来てくれる。2009年8月21日、イフェ、モダケケ地区の下宿先にて

2010年6月25日。朝一番、オメナに電話した。

機嫌よく話す彼女。
「今日は仕事がオフになったから歯科クリニックへ行ってくるわ。ねぇ、信じられる? 誕生日に歯を抜かれるなんて」
「え~、それじゃケーキ食べれんちゃない?」

消灯まえに携帯でお祝いのメールを送った。寝ぼけ眼でオメナからの返事を読む。
「30になったってこと、ほんとうはすごくこわい。こんな気持ちになるなんて思わなかった。まあ、いいや。気にしないで。おやすみ、いい夢見るのよ」
夢の入り口で返信した。
「あと3か月でわたしもそうやけん。いい夢見ようね」

不安と期待であふれる胸に、30という夢を抱いて、わたしたちはあたらしい朝へ向かう。

Photo
オメナと一緒にわたしの部屋で晩ご飯を食べた(鶏肉とオクラのシチューと、キャッサバを醗酵させた餅)。オメナの住むデルタ州は、ナイジェリアでもっとも治安の悪い産油地帯に近い。遊びにおいでよと何度も誘ってくれるけれど、まだ会いに行けない。代わりに彼女が、イフェまでよく会いに来てくれる。
2009年8月21日、イフェ、モダケケ地区の下宿先にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS