d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


ママ・ブリジッタ

2010年6月19日

誕生日の記念に写真を撮ってと、裏庭から2階のわたしを呼んだ、ママ・ブリジッタ。2009年7月26日 イフェ、モダケケ地区の下宿先にて

彼女はわたしの住む下宿の1階に、娘とふたりで住んでいる。夫はフランスへ働きに出て4年。ふるさとのガーナへは、もう10年帰っていない。

あたりまえのことを、あたりまえに教えてくれたのは、この女性、ママ・ブリジッタだった。

疲れていて料理ができず、ピーナッツや焼きトウモロコシ、バナナやパパイヤで夕食をすませていたわたしに、ぽつりとつぶやく。「日本の母親に言いつけるわ、悲しむわね」

ズボンじゃないと日焼けするし、バイクにも乗れない。街を歩けば「女か、男か?」とばかにされるわたしを見て、一言。「休日くらいスカートはいて、アクセサリーをつけなさい」

マラリアによる嘔吐でバケツに4時間顔をうずめて、飲まず食わずのわたしに、トウモロコシ粥をさしだす。「食べなければ死ぬのよ」

娘と冗談を言いながら笑うママ・ブリジッタの声が、2階のこの部屋まで届く。彼女は言った、
「悲しんでたら頬がたれて老けてくだけよ」

Photo
誕生日の記念に写真を撮ってと、裏庭から2階のわたしを呼んだ、ママ・ブリジッタ。
2009年7月26日 イフェ、モダケケ地区の下宿先にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS