d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


バイクに花を

2010年2月13日

dbeautyof9ja-004-20090409-540

広大な大学キャンパスには、たくさんのバイクタクシーが走っている。学生たちは、20~30ナイラ(約12~19円、2010年2月現在)で、各学部やバス停、食堂や銀行などへ移動ができる。灼熱の太陽に照らされていると、数百メートル歩くだけでもかなりの体力を消耗する。バイクタクシーを頻繁に利用する教員や比較的裕福な学生たちも少なくないが、交通費を節約しようと歩く人が大半だ。20ナイラあれば、水とスナックを買って空腹から逃れることができるし、痛み止め薬なら3回分(6錠)買うことができる。けれども実はそれ以上に、運転マナーの悪さやあまりの事故の多さから、乗り物としても職としても、ナイジェリアでバイクタクシーは好まれない。

この日すでに歩き疲れていたわたしは、しかたなくバイクタクシーに乗ることにした。そこには3、4人の運転手が待機しており、そのうちのひとりにわたしはたずねた。
「この花、どうしたんですか?」
「そこに咲いてたからとってきたんだ。花が好きでね」

花を好む、育てる、といったことはナイジェリアでは珍しい。花が育たない環境ではけっしてないのだが、花を贈ったり、テーブルの上に切花をさした花瓶があったりすることはほとんどない。野生の草花が多いせいだろうか。いや、都市には緑が少ないし、緑のほとんどない住宅地も多い。ときおりホテルや豪華な家の塀から、ハイビスカスやブーゲンビリアが鮮やかな花びらをのぞかせていて、はっと目をやることがある。

花を飾ることのない地で、花が飾られるはずのないバイクに花。走るバイクの上、風を切ってまたたく黄色い花びらが、わたしの疲れと一緒に飛んでいく。運転手のジェリーさんと話をはずませながら、わたしはバス停へと向かった。

Photo
バイクタクシー乗り場近くの木に生る黄色い花をバイクに飾り、客待ちをしていた運転手のジェリーさん。
2009年4月9日 イフェ、オバフェミ・アウォロウォ大学キャンパス内にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS