『monthly信用金庫』にて『伝統野菜の今』が紹介されました

2015年11月19日

全国信用金庫協会が発行する月刊誌『monthly信用金庫』2015年10月号にて『伝統野菜の今 地域の取り組み、地理的表示の保護と遺伝資源』を紹介していただきました。

『monthly信用金庫』2015年10月号「今月の読書」欄

本書の構成をとても丁寧に紹介されたうえで、著者のお二人をご存じの評者・西川さんは、現状への厳しい指摘や提言も含まれている本書に「少し驚いた」と述べられています。

ますますグローバル化の波にさらされる日本の農業について、正しい現状認識と生き残りのためのアイデアがつまっています。ヒントをお探しの方は、ぜひご一読ください。


ガイマン賞 2015 投票受付中

2015年10月16日

この1年間に翻訳された外国マンガのナンバー1を決める「ガイマン賞 2015」が投票を受付中です。

ここ数年、外国のマンガ作品の翻訳出版が徐々に増えてきており、今年は121作品がノミネートされています。そのうちの1作には、弊社刊『極北の大地・グリーンランドの夜明け ーTHE FIRST STEPSー』も含まれており、デンマーク/グリーンランドからは唯一のノミネートです。

ガイマン賞ノミネート作品は京都・東京・福岡の3つの図書館で展示されており、誰でも読むことができ、その場で投票することができます(入館料がかかる場合があります)。

公式サイトのノミネート作品リストからも試し読みできるほか、ガイマンブログではノミネート作品をひとつずつ紹介、担当編集者へのインタビューも掲載されています。

この機会に、外国マンガの世界に少し触れてみてはいかがでしょうか。


出版社共同企画 期間限定 謝恩価格本フェア開催中

2015年10月16日

10月15日から「謝恩価格本フェア」が始まりました。部数と期間を限定し、書籍を謝恩価格で販売しています。

出版社共同企画 期間限定 謝恩価格本フェア

読書週間やクリスマスに合わせた特集も予定されています。弊社を含め、100社を超える出版社の本をお得な価格で購入できるチャンスです。掘り出しものを探してみてはいかがでしょうか。

また千代田区の「ブックハウス神保町」でも、出品商品の一部を販売しています。お出かけの際に立ち寄ってみてください。


日本農業新聞にて『新聞のある町』が紹介されました

2015年10月15日

日本農業新聞(2015年10月11日)『新聞のある町』紹介部分

日本農業新聞(2015年10月11日号)にて『新聞のある町 地域ジャーナリズムの研究』を紹介していただきました。

日本農業新聞は農業に特化した業界紙です。書籍紹介にある「情報の出し手と受け手相互の信頼関係」「しっかりと根付いた情報の独自性」という言葉は、地域紙だけでなく専門性の高い新聞に共通する特徴でしょう。地域や分野が違っても、共通点をもつ地域紙へ送られたエールのように感じられます。


毎日新聞にて『新聞のある町』が紹介されました

2015年10月8日

毎日新聞(2015年10月7日)ブックウォッチング欄『新聞のある町』紹介部分

毎日新聞(2015年10月7日)「ブックウォッチング」欄にて『新聞のある町 地域ジャーナリズムの研究』を紹介していただきました。

たくましく生き残りを図る全国のローカル26紙を取材した労作。

と評してくださっています。


読売新聞にて『新聞のある町』が紹介されました

2015年9月24日

『新聞のある町』読売新聞書評(2015年9月20日号)

読売新聞(2015年9月20日朝刊)にて『新聞のある町 地域ジャーナリズムの研究』を紹介していただきました。評者は牧山出氏(政治学者、東京大学教授)。東日本大震災による大きな被害のなか、記者たちの努力によって発行されることになった「復興釜石新聞」の例を引きながら

新聞への愛しさが地域への愛しさと結びつく。各地でふんばっている姿が頼もしく、励まされる。

としめくくられています。同書は、地域の新聞を支える記者たちのリアルな姿を知ることができる貴重なレポートです。ぜひご一読ください。


熊本日日新聞に冨吉満之さんの紹介記事が掲載されました

2015年9月24日

熊本日日新聞(2015年9月18日朝刊)に冨吉満之さんを紹介する記事が掲載されました。

熊本日日新聞 2015年9月18日朝刊 冨吉満之先生紹介部分

伝統野菜を研究し、地元の作物と食文化を後世に伝える活動をする研究者として紹介されています。ホワイトボードの前で『伝統野菜の今』を持ちながら笑顔をうかべる冨吉さんの写真も大きく掲載されています。

熊本県の「くまもとふるさと野菜」、熊本市の「ひご野菜」と、熊本は伝統野菜へのとりくみに熱心な地域のひとつで、『伝統野菜の今』でももちろん紹介されています。春日ぼうぶら、水前寺もやしなど、熊本の野菜をぜひチェックしてみてください。


『リベラルタイム』にて『新聞のある町』が紹介されました

2015年9月18日

リベラルタイム出版社が発行するビジネス誌『リベラルタイム』2015年10月号にて『新聞のある町』を紹介していただきました。

『リベラルタイム』2015年10月号『新聞のある町』紹介部分

同書はもともと『リベラルタイム』誌での好評連載「郷土紙」シリーズをまとめた書籍です。ブロック紙、県紙よりもさらに狭い地域で活動する「地域紙」は、地域密着型ビジネスのヒントを与えてくれます。

著者の四方洋氏は現在、「四方洋の『人物手帳』」を同誌に連載中です。『新聞のある町』とともに、ぜひご一読ください。


『野菜だより』にて『伝統野菜の今』が紹介されました

2015年9月18日

『野菜だより』2015年9月秋号「編集部おすすめ! 話題の新刊本」欄『伝統野菜の今』紹介

学研が発行する家庭菜園の雑誌『野菜だより』2015年9月秋号「編集部おすすめ! 話題の新刊本」欄にて『伝統野菜の今』を紹介していただきました。

各地域に根づく伝統野菜は、その地域の土壌や気候に適応した品種が多く、家庭菜園向きともいえます。ご自分の畑に植えるため、ひと味違った野菜を捜してみてはいかがでしょうか。


『地方議会人』にて『伝統野菜の今』が紹介されました

2015年9月18日

中央文化社発行の議員研修誌『地方議会人』にて『伝統野菜の今』を紹介していただきました。

chihogikaijin-201509-dentou-w240

同書では、地域活性化のために「伝統野菜」の維持や生産に取りくむ自治体の事例や、関連制度についても詳しく紹介しています。地方議員のみなさまにも参考にしていただける一冊です。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS