書籍情報

【近刊】自分史 いのちの磁場に生きる 北の農民自伝

  • Amazon.co.jpで『【近刊】自分史 いのちの磁場に生きる 北の農民自伝』を買う
  • セブンネットショッピングで『【近刊】自分史 いのちの磁場に生きる 北の農民自伝』を買う

【近刊】自分史 いのちの磁場に生きる 北の農民自伝

星 寛治 著

アサヒ・エコ・ブックス No.39

【2019年6月中旬発売予定】

日本の有機農業の先駆者で農民詩人、山形県高畠町の星寛治による「自分史」。有機農法での試行錯誤、真壁仁、一樂照雄、有吉佐和子らとの絆、町や県で携わった教育活動、家族との暮らしなどを自ら綴った貴重な記録。

山形県高畠町で1973年に有機農業研究会を発足したオーガニック先駆者の一人であり、真壁仁に師事した詩人でもある、星寛治さんの自伝です。「農協の天皇」といわれた一樂照雄、『複合汚染』で高畠町に取材した有吉佐和子をはじめ、農業・食・暮らしに影響を与えた人物や団体との交流、教育委員としての活動、家族との日々の暮らしなど、昭和・平成を貫いて生きた東北の農民の証言です。食と農業の未来へ期待をこめた提言も。


ISBN・分類コード
978-4-87950-631-3 C0061
価格
3500円(本体)+税
判型
A5判 上製本
発行年月
2019年6月

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS