「紛争」のタグが付いている記事

久保忠行さん新ブログ「いつか、どこかへドォッカーデー―タイ・ビルマ国境からみる難民と紛争」

2010年6月11日

6月は新しい風が吹く。

新連載ブログのおしらせです。神戸大学大学院総合人間科学研究科博士後期課程在籍中の久保忠行さんの「いつか、どこかへドォッカーデー―タイ・ビルマ国境からみる難民と紛争」を開始します。初回更新は6月15日(火)を予定しております。その後は各月15日、30日の月2回連載。「ドォッカーデー」ってなんでしょうかね。タイトルの意味も含めて、第1回目を楽しみにしてください。


国際水紛争事典

2003年9月1日

ヘザー・L・ビーチ/ジェシー・ハムナー/J・ジョセフ・ヒューイット/エディ・カウフマン/アンジャ・クルキ/ジョー・A・オッペンハイマー/アーロン・T・ウルフ 共著
池座剛/寺村ミシェル 共訳

アサヒ・エコ・ブックス No.8

流域別データ分析と解決策

本書は、水の質や量をめぐる世界各地の問題、およびそれらに起因する紛争管理に関する文献を包括的に検証したものである。(中略)本書で行われた国際水域に関する調査では、200以上の越境的な水域から収集された参考データや一般データが提供されている。
(「序文」より)

詳細


ロシア・CIS南部の動乱 岐路に立つプーチン政権の試練

2003年2月1日

徳永晴美 (上智大学教授・朝日新聞客員) 著

民族紛争で激動するロシア南方の「やわらかい下腹部」がプーチン大統領に政経軍事戦略面でのきわどい舵取りを迫った……果たしてプーチンは、あわせ持つ民族主義とプラグマティズムのどちらの顔を見せるのか?

詳細

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS