「紀行」のタグが付いている記事

極北彷徨⑤ ふたたび、ヌナブトへ

2010年2月26日


ランキン・インレットの飛行場。2010年2月撮影

3年と半年ぶりの現地訪問である。厳冬期となるとおそらく9年ぶりである。デルタ航空便でアメリカ合衆国ミネアポリスを経由して、カナダ国マニトバ州ウィニペグへ。ウィニペグで1泊し、ファースト・エアー便でヌナブト準州ランキン・インレット着。

2時間30分のフライト。定員24名のなか乗客は3人。それに対し、フライト・アテンダントは2人。パイロットもあわせたら、従業員のほうが多いじゃん、と思わずつっこみたくなる。あいもかわらずの極北の航空便は不採算路線である。政府の援助なしではやっていけないはずだ。飛行機内に響くエンジンの轟音と窓から見える真っ白な平原風景。平原という言葉は正しくないか。ただただ平坦な雪氷景色。

飛行機が空港に着くと、イヌイットの空港職員が2人飛行機に寄ってくる。独特の微笑を浮かべ、猫背である。猫背というのはモンゴロイド人種の特徴なのであろうか。猫背の人間は世界中どこでもいるだろうが、アジア人種に多いと感じるのは気のせいだろうか。閑話休題。2人とも飛行機の停止位置にポールを置くと、仕事そっちのけでふざけあっている。なんだかイヌイットらしい光景だ。

詳細


にほんの里100選ガイドブック

2009年4月11日

森林文化協会 編

グリーン・ツーリズム情報満載!
カーナビ・携帯 楽々アクセス!
さぁ、里にでかけよう

「寅さん映画が生まれて40年
誇れる里は、まだまだある。
里の景観の美しさや品のよさは、
そこに住む人々の気持ちのこまやかさや
情の温かさを映している。」
(選考委員長・映画監督 山田洋次)

詳細


妻におくった九十九枚の絵葉書 伊藤愿の滞欧日録

2008年7月1日

松方恭子 著

詳細


熟年旅三昧 あの旅、この旅、ふたり旅

2003年2月1日

小町文雄 著

ぐるーぷ・ぱあめの本

しましょうよ、自分の旅を。

高雄、ロンドン、パリ、ローマ、香港、上海、ペテルブルグ、モスクワ、グラナダ、アムステルダム、山口県……おもしろければ、どこでも旅だ。旅だと思えば、どこでもおもしろい。

詳細


ヌナブト イヌイットの国その日その日 テーマ探しの旅

2001年11月1日

礒貝日月 著

◆2001年度慶應義塾大学塾長奨励賞受賞

20歳の若者の北極圏彷徨記

手で考え、足で書いた青春記録。AO入試花盛り!元祖・慶応大学湘南藤沢キャンパス(SFC)のAO入学生は、こんなことをやっている!
…ホワイト・ホエールことベルーガ漁に行った。…伝統的なクジラ漁の方法を若者たちに伝承しようと、何度も何度も若者にモリ打ちをチャレンジさせる。そんな彼らのひたむきな姿が、私の脳裏に焼きついている。
(本書「EPILOGUE」より)

詳細


ニッポン鉄道マンの世界やりくり旅行

1996年3月1日

町井且昌 著

「『レモンの香りを含んだ夜風に乗って、母屋のさざめきが伝わってくる』。書き出しのこの1行から、私は虜になった。そして町井さんの筆に乗り、1月のシチリアから12月のザイールまで、世界各地の思いがけない旅を堪能した。『美しい』とか『楽しい』といった修辞は一切使わずに、景色も、香りも、色も、音も、味も、出会いの雰囲気までも、町井さんは克明に生き生きと描いている。旅にはミシュランの案内書を、という。しかし旅に深みを添えるためには、私は、町井さんのこの1冊を持って行こうと思う。」―― 岡 並木

詳細


旅は犬づれ? 中 父と子の対話紀行本編 1 アラスカ・ハイウェイ

1991年7月1日

礒貝浩 著
ぐるーぷ・ぱあめの本 富夢想野帖シリーズ

マイ・オデュッセイア1999 起の1 遊航
お父さん、息子と対話してますか? ビッコの風来坊子づれ旅

キザでお行儀の悪い語り口を好む初老のおしゃべり男とキャンキャン犬のように騒ぐ少年が嫌いな方は、この本を買わないでください。そんな方はこの本を読むと、きっと不愉快になります。サムライ・ユリシーズ・ガイと名乗る風来坊とチャーリー・テレゴノス・ヒヅキという名の犬にされてしまった息子のアラスカ・ハイウェイ・大型キャンピング・カー・ヒッピー旅の道中饒舌対話紀行。

詳細


旅は犬づれ? 上 父と子の対話紀行予告編 アラスカ・ハイウェイまで

1991年2月1日

旅は犬づれ? 上 父と子の対話紀行予告編 アラスカ・ハイウェイまで

礒貝浩 著

1020円(税込)

ぼくのほんとうの旅はよみがえるのだろうか?! 60年代、ヒッピーだった男が四半世紀のときをへて、いま、また旅へと回帰する。移動と生活は〈動く庵〉キャンピング・カーで。なぜか〈愛犬〉にされてしまった息子とともに。自称「サイゴのサムライ」、実態「初老の風来坊」のさすらい旅。完全実録・同時進行ドキュメントシリーズ第一弾!

詳細

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS