「種田山頭火」のタグが付いている記事

毎日新聞に南健二さんについての連載コラムが掲載されました

2013年7月24日

毎日新聞(2013年07月17日)

7月17日から24日にかけて、毎日新聞にて南健二さんを特集した連載コラム「生きる物語:不屈のカメラマン」が掲載されました。

新聞社カメラマン時代からペンション開業、C. W. ニコルさんとの出会いと親交、腎臓病と闘病しながらの撮影活動、アファンの森の保護活動など、南さんの半生が詳しく語られています。連載冒頭では、弊社刊『けふはここ、あすはどこ、あさつては』を着想したきっかけも紹介されています。

毎日新聞の公式サイト「毎日jp」でもご覧いただけますので、ぜひご一読ください。


毎日新聞(長野版)2012年8月23日号にて『けふはここ、あすはどこ、あさつては』が紹介されました

2012年8月31日

毎日新聞(長野版)2012年8月23日号にて『けふはここ、あすはどこ、あさつては C・W・ニコル×山頭火の世界』を紹介していただきました。

作家活動の傍ら、森林の手入れに精を出す姿や、自然を愛するニコルさんの日常生活が手に取るように伝わる。

と紹介してくださっています。


けふはここ、あすはどこ、あさつては C・W・ニコル×山頭火の世界

2012年8月1日

C・W・ニコル/南 健二 著
C.W.ニコル・アファンの森財団協力

来日50年記念出版!

きのうも、きょうも、あすも旅。

1940年、日本中を放浪した俳人はこの世の旅を終え、世界中を探検する作家はこの世に生を授かった。二人の男の不思議な運命。

長い旅の帰趨は森だった。
豊かな森は生きる力を与えてくれる。
未来を信じて緑をみずからの力で取り戻した男の物語。
「森の再生」と「心の再生」の視点で震災復興プロジェクト活動中。
森を再生する作家・ニコルの貴重なプライベート写真に旅する俳人・山頭火の俳句をつけたユニークな書籍。

詳細


近刊情報 C・W・ニコル、南健二『けふはここ、あすはどこ、あさつては C・W・ニコル×山頭火の世界』

2012年7月12日

C・W・ニコルと写真家・南健二の共著『けふはここ、あすはどこ、あさつては C・W・ニコル×山頭火の世界』を8月初旬に刊行いたします。

来日50年記念出版!

長い旅の帰趨は森だった。1940年、日本中を放浪した俳人がこの世の旅を終え、世界中を探検する作家がこの世に生を授かった。二人の男の不思議な運命。
写真×俳句の世界へ!

C・W・ニコルの写真・文と山頭火の俳句が融合したユニークな1冊です。ご期待ください!

ご予約・ご注文は、TEL:03-3770-1922(9~18時、月~土)、FAX:03-6680-8464、または、ご注文フォームで受けつけております。


著者
C・W・ニコル/南健二
価格
1680円(税込)
1600円(本体)
ISBN・分類コード
978-4-87950-608-5 C0026
発行予定年月
2012年8月初旬

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS