「地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換」のタグが付いている記事

中日新聞にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』が紹介されました

2016年8月18日

20160818-chunichi-chiikikankyo-w240

中日新聞(2016年8月18日号)にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』を紹介していただきました。

名古屋市のCO2排出量ロードマップ試案など、地域に根ざした視点を評価していただいています。


東京新聞にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』が紹介されました

2016年7月14日

東京新聞(2016年7月9日号)にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』を紹介していただきました。

ウェブ版にも掲載されていますので、ぜひご一読ください。

本紙では、国交省の足永研究官らが開発した「都市の熱環境対策評価ツール ~CFD on Excel~」が国際会議で最優秀論文賞を受賞したことを伝える記事の隣で紹介されています。


『厚生福祉』にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』が紹介されました

2016年7月7日

20160705-chiikikankyo-koseifukushi-w180

時事通信社のニュースレター『厚生福祉』(2016年7月5日号)にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』を紹介していただきました。

解説委員の伊豆倉哲氏による評で、本書の論点を的確に紹介した上で

地域発の環境政策を立案する際のヒントが見つかるかもしれない。

と評してくださっています。


ガスエネルギー新聞にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』が紹介されました

2016年7月7日

20160530-chiikikankyo-gasenergy-w180

ガスエネルギー新聞(2016年5月30日号)にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』を紹介していただきました。

本文の流れを過不足なく要約してくださっています。


ニッポン消費者新聞にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』が紹介されました

2016年7月7日

ニッポン消費者新聞(2016年5月1日号)『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』紹介部分

ニッポン消費者新聞(2016年5月1日号)にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』を紹介していただきました。

著者が提案する「結果として活動量を減らす充足型の社会システム」とはどのようなものなのか、一読する価値がある。

と評してくださっています。


毎日新聞にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』が紹介されました

2016年6月30日

毎日新聞(2016年6月22日号)にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』を紹介していただきました。

20160622-chiikikankyo-mainichi-w180
現在、毎日新聞のウェブサイトにも掲載されています。ぜひご一読ください。


聖教新聞にて『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』が紹介されました

2016年6月30日

聖教新聞(2016年6月21日号)に竹内恒夫教授の手記が掲載され、『地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換』も紹介していただきました。

20160621-chiikikankyo-seikyoshinbun-w320

「『充足型』地域システムの展望」と題されたこの記事では、日本版「首長誓約」、「効率型」「代替型」に対する「充足型」社会システムのメリットと注意点、コジェネレーションを有効活用しているドイツの事例、竹内教授が実践する社会実験など、『地域環境戦略としての……』を構成する概念や事例がコンパクトに紹介されており、同書を「試し読み」できるような内容となっています。


地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換

2016年4月5日

竹内恒夫 著

「この国の「半官製」、「商業主義」の「エコ」は既に飽和状態に達している」――環境庁・環境省で「エコ」関連施策、地球温暖化対策、廃棄物リサイクル政策などを担当し、現在は名古屋大学教授の筆者が、新しいエネルギー政策を提言します。

企業や市民に自主的な「エコ」を求める政策により、日本は「環境疲れ」に陥っている――エネルギーの「効率化」や「代替」も限界に近づき、「この国の「半官製」、「商業主義」の「エコ」は既に飽和状態に達しているのである」(本文より)。

その処方箋として、過度な成長や禁欲を求めず、活動量を自然に減らしていく「充足型」社会を実現する仕組みづくりが必要なのです。

過去の日本社会や環境先進国ドイツの事例を参考に、日本の現状を考慮しながら、再生可能エネルギーやコジェネレーションを地域単位で「自給自足」すれば、原発がなくても充足した社会を実現・維持できることを、具体的な試算によって示しています。

詳細

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS