ivermectina de humanos ivermectin 12 mg tablet uses price will ivermectin kill mites cheap ivermectin efeitos colaterais da ivermectina em ces where to get ivermectin uk

「レジリアンス」のタグが付いている記事

公明党公式サイト Book Review 「レジリエンス(復活力)がわかる3冊」

2014年4月3日

公明党公式サイトの書評コーナー「『○○○○』がわかる3冊」にて、弊社刊『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』編著者の香坂玲さんが「レジリエンス(復活力)がわかる3冊」を紹介されています。同書のほか『レジリエンス 復活力』(アンドリュー・ゾッリほか著)、『救国のレジリエンス』(藤井聡著)の評も掲載されています。

レジリエンス/レジリアンス(resilience)は、現連立内閣がかかげる「国土強靱化」(ナショナル・レジリエンス)構想の基礎となり注目をあつめている概念です。

弊社刊『地域のレジリアンス』は、東日本大震災からの復興の取りくみや、そこから得られた教訓を、現場で実務にあたられた方々が報告してくださっています。「レジリアンス」という概念を具体的にとらえるには絶好の一冊です。この機会にぜひご一読ください。


香坂玲編『地域のレジリアンス』関連書評

2013年5月30日

3月末から4月初めにかけて、共同通信に加盟する各新聞の書評欄にて、香坂玲さんが評者となった『レジリエンス 復活力』(アンドリュー・ゾッリ、アン・マリー・ヒーリー著、ダイヤモンド社)の書評が掲載されました。

昨今では「国土強靱化(ナショナル・レジリエンス)」というキーワードも話題になっていますが、同書では、自然の生態系や都市インフラなど縦横にわたる題材を例としながら「レジリエントな組織は不完全で非効率的で、失敗やトラブルを伴い、それでも生き延びる」と説いている、と香坂さんは評しています。

書評でも触れられていますが、香坂さんが編著者となった『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』(清水弘文堂書房刊)では、東日本大震災を教訓として、地域における災害対策に的をしぼった理論と実例が紹介されています。ぜひご一読ください。


金沢大学シンポジウム「里山・里海とレジリアンス 〈再生〉の当事者としての私たち」【再掲】

2012年10月31日

11月23日(祝・金)、『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』と連動したイベントが、石川県政記念 しいのき迎賓館にて開催されます。

「里山・里海とレジリアンス 〈再生〉の当事者としての私たち」と題され、『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』(書籍紹介ページ)の著者陣が講演を行います。災害をしなやかに乗り越えるための地域の備え、また実際に起きてしまった東日本大震災への対応事例など、有意義な内容となるはずです。ぜひご参加ください。

「里山・里海とレジリアンス 〈再生〉の当事者としての私たち」

日時

2012年11月23日(祝・金) 13:00~16:00 (開場 12:30)
場所
石川県政記念 しいのき迎賓館[→ 公式サイト]セミナールームB
お問い合わせ
金沢大学 角間事務所 TEL 076-264-5475


金沢大学シンポジウム「里山・里海とレジリアンス 〈再生〉の当事者としての私たち」

2012年10月18日

11月23日(祝・金)、『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』と連動したイベントが、石川県政記念 しいのき迎賓館にて開催されます。

「里山・里海とレジリアンス 〈再生〉の当事者としての私たち」と題され、『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』(書籍紹介ページ)の著者陣が講演を行います。災害をしなやかに乗り越えるための地域の備え、また実際に起きてしまった東日本大震災への対応事例など、有意義な内容となるはずです。ぜひご参加ください。

「里山・里海とレジリアンス 〈再生〉の当事者としての私たち」

日時

2012年11月23日(祝・金) 13:00~16:00 (開場 12:30)
場所
石川県政記念 しいのき迎賓館[→ 公式サイト]セミナールームB
お問い合わせ
金沢大学 角間事務所 TEL 076-264-5475


建設工業新聞で『地域のレジリアンス』が紹介されました

2012年6月25日

日刊建設工業新聞 2012年6月11日号 「書籍案内」欄より『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』紹介部分

日刊建設工業新聞(2012年6月12日号)「書籍案内」欄にて『地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ』を紹介していただきました。


地域のレジリアンス 大災害の記憶に学ぶ

2012年5月2日

香坂 玲 編

大震災の記憶から私たちが学ぶべきことは何か?
私たちに問われている「知」とは何か?
BCP(business continuity plan)プランに役立つ1冊!

「レジリアンス」とは何か? いま私たちはこの言葉の意味を深く考える必要がある。

―― 武内和彦(国際連合大学副学長)

震災後にどのように対応したかといった具体的な事例と学術的な考察を取り上げた本書は示唆に富み、注目に値します。

―― トーマス・エルムクヴィスト(ストックホルム・レジリアンス・センター教授)

詳細


近刊情報 香坂玲編『地域のレジリアンス―大災害の記憶に学ぶ―』

2012年4月14日

金沢大学大学院人間社会環境研究科准教授の香坂玲編『地域のレジリアンス-大災害の記憶に学ぶ-』が、5月下旬に刊行されます。
大震災の記憶から私たちが学ぶべきことは何か?
私たちに問われている「知」とは何か?
個性豊かな各執筆者の論考、BCP(business continuity plan)プランに役立つ1冊です。
ご予約・ご注文は、TEL:03-3770-1992(9~18時、月~土)、FAX:03-6680-8464、または、ご注文フォームで受けつけております。
ご期待ください!

「レジリアンス」とは何か? 
いま私たちはこの言葉の意味を深く考える必要がある。
国際連合大学副学長 武内和彦

『地域のレジリアンス-大災害の記憶に学ぶ-』

編者
香坂 玲(金沢大学准教授)
著者
香坂 玲 
松田曜子(関西学院大学特任准教授) 
半藤逸樹・窪田順平(総合地球環境学研究所特任准教授・准教授) 
関谷直也(東洋大学准教授) 
竹中雅治(宮城県登米町森林組合職員) 
山田薫夫(名古屋市職員) 
古田裕之・太田真立・小林勝則(東邦ガス株式会社) 
山田厚志(株式会社山田組代表取締役)
価格
税込 1365円(本体 1300円)
ISBN
978-4-87950-606-1 C0050

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS