「にほんの里100選」のタグが付いている記事

朝日新聞にあん・まくどなるどが参加したセミナーの様子が掲載されました

2010年3月6日

朝日新聞(2010年3月1日付)に、セミナー「にほんの里から世界の里へ」のレポートが掲載され、講演者・パネリストとして参加したあん・まくどなるどの様子も報じられています。

このセミナーは森林文化協会総合地球環境学研究所金沢大学国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニットが共同で主催したもので、2010年2月6日、石川県立音楽堂邦楽ホールで行われました。記事ではまくどなるどの発言のほか、「にほんの里100選」に選出された8地域の代表者による報告、総合地球環境学研究所の阿部健一教授の提言などが伝えられています。さらに東京大学の鷲谷いづみ教授による講演の要約、生物多様性条約のアフメド・ジョグラフ事務局長からのビデオメッセージなども紹介され、読み応えのある記事となっています。

総合地球環境学研究所の公式サイト内にも開催報告が掲載されていますので、併せてご覧ください。

info 総合地球環境学研究所 トピックス:第7回地球研地域連携セミナー(開催報告)


『にほんの里100選ガイドブック』が「2009年最高に面白い本大賞」(『一個人』2010年1月号)実用部門第4位に選ばれました

2009年12月4日

一個人』2010年1月号(KKベストセラーズ刊)「“読書のプロ”カリスマ書店員が選ぶ2009年最高に面白い本大賞」の「実用」部門、青柳真紀さん(ジュンク堂書店池袋本店)セレクション第4位として、弊社刊『にほんの里100選ガイドブック』を選んでいただきました。

『一個人』2010年1月号は現在、ジュンク堂書店をはじめとする各書店に並んでいますので、ぜひ手に取ってみてください。


『BRUTUS』8月15日号で『にほんの里100選ガイドブック』が紹介されました

2009年10月13日

brutus001_s

『BRUTUS』2009年8月15日号マガジンハウス)の「日本再発見の旅と本。」特集内で、「里山を知るために読むべき10冊」として『にほんの里100選ガイドブック』が紹介されました。


出版記念パーティー&にほんの里フェスタ&カナダ大使館、そして……

2009年5月22日

ブログの更新が1か月ぶりとは……。ゴールデンウィークいかがお過ごしだったでしょうか。休みまえからバタバタとし、ついつい更新が滞ってしまいます。

『再生する国立公園』出版記念パーティ4月17日(金)、浅草「スーパードライホール」内「フラムドール」2階にて、瀬田信哉著『再生する国立公園―日本の自然と風景を守り、支える人たち―』(Asahi Eco Books25)の出版記念パーティーが催されました。本書に登場する「日本の自然と風景を守り、支える人たち」も多くご出席いただき、盛会でした。著者の瀬田信哉さんの教え子の方々が中心に準備を進め、無事おえることができ、みなさまに御礼申し上げます。本日、「週間読書人」が届き、上記の書籍が日本図書館協会選定図書に選ばれたとのこと。これも、めでたし、めでたし、であります。

詳細


朝日新聞「にほんの里フェスタ」特集で『にほんの里100選ガイドブック』が紹介されました

2009年5月1日

2009年4月27日(月)の朝日新聞に「にほんの里フェスタ~生物多様性の恵みを知る」(4月18日・愛知県内で開催)のレポートが掲載され、その中で『にほんの里100選ガイドブック』が紹介されました。

『にほんの里100選ガイドブック』はご好評をいただき、初版は完売いたしました。現在重版作業を進めており、5月20日ごろから順次出荷を行う予定です。


桜愛でる季節。さあ、里にでかけよう!

2009年4月17日

みなさん、桜見はしましたか? 関東地方は今週あたりが見納めでしょうか。今年は大阪・御霊神社、京都・鴨川周辺、東京・砧公園、神奈川・葉山……と忙しく桜見をしました。桜を愛で、談笑しながら、昼から痛飲。どの桜見も酒豪ぞろいで、小生もまけじ心で肝臓をいじめました。

桜愛でる季節がもうすぐおわり、初夏のかおりがただよう今日このごろ。現在も問い合わせが数多くありますが、発売前から弊社の電話とFAXを困惑させた、『にほんの里100選ガイドブック』が今週から書店店頭に並んでいます。桜と新緑を楽しみつつ、本を持ちながら、さあ、里にでかけよう!


にほんの里100選ガイドブック

2009年4月11日

森林文化協会 編

グリーン・ツーリズム情報満載!
カーナビ・携帯 楽々アクセス!
さぁ、里にでかけよう

「寅さん映画が生まれて40年
誇れる里は、まだまだある。
里の景観の美しさや品のよさは、
そこに住む人々の気持ちのこまやかさや
情の温かさを映している。」
(選考委員長・映画監督 山田洋次)

詳細


悲鳴をあげる電話とFAX

2009年3月29日

3月25日(水)の朝日新聞朝刊で『にほんの里100選ガイドブック』の紹介記事が掲載されました。大手新聞の全国版、反応はいかがや、と思っていたら、書店さんからの電話が鳴りやみません。事前予約注文がこんなに殺到するなんて、過去に例がなく、うれしい悲鳴と同時に、てんやわんやの一日でした。

翌日も鳴りやまぬ電話。Webアクセスも右肩あがり。神通力はいつまで続くことやら……と思っていたら、金曜日に電話が悲鳴をあげない。うん? 日常に戻ったのかと思っていたら、午後一番に森林文化協会のHさん(今回の書籍の立役者)からお電話。
「御社の電話がつながりません」
「はい?」
「こちらに書店さんから電話がありました」
「……」

詳細


朝日新聞で『にほんの里100選ガイドブック』が紹介されました

2009年3月27日

「にほんの里100選ガイドブック」来月出版 朝日新聞 2009年3月25日(水)3月25日(水)の朝日新聞で『にほんの里100選ガイドブック』が紹介されました。

『にほんの里100選ガイドブック』来月出版
グリーン・ツーリズム情報充実
カーナビや携帯 楽々アクセス

 森林文化協会は4月中旬に『にほんの里100選ガイドブック』(清水弘文堂書房)=写真=を出版する。選ばれた里の特徴や里への交通手段をはじめ、各地で里歩きを楽しめるよう、周辺のグリーン・ツーリズム情報も盛り込まれている。B6版オールカラーで定価500円(税込み)。一般書店で販売される。
 グリーン・ツーリズム情報としては、各地の里周辺の特産物や、その直売所▽その土地で採れた食材を料理して出す農家レストランなどの食事どころ▽農林漁業のさまざまな体験ができる民宿――などが紹介されている。
 また、里を実際に訪れる時に目安となる目標物や地点を選び、緯度経度情報を数値化した「マップコード」も掲載。マップコードに対応するカーナビゲーションに数値を入力すれば、カーナビによる目的地周辺への道案内が可能になる。パソコンや携帯電話でも、地図サイトのマップコード検索機能を利用して里の位置を確認できる。朝日新聞と提携するJTB朝日旅行が推薦する、里周辺の宿も紹介されている。」
(朝日新聞 2009年3月25日)

『にほんの里100選ガイドブック』は、4月第2週には全国の書店でお求めいただけるよう準備を進めておりますので、今しばらくお待ち下さい。また書店でのご予約も受付中です。お近くの書店店頭にてお申し込みいただくとお手元に届きますので、ぜひご利用下さい。

にほんの里100選 公式サイト


近刊『にほんの里100選ガイドブック』

2009年2月27日

朝日新聞創刊130周年と(財)森林文化協会創立30周年を記念し選定された「にほんの里100選」のガイドブックを作成中、4月中旬に発行予定です。掲載地の一覧は公式サイトでご確認ください。

link にほんの里100選 公式ウェブサイト

『にほんの里100選ガイドブック』
森林文化協会発行 清水弘文堂書房発売

『にほんの里100選ガイドブック』

著者
森林文化協会 編
価格
税込 500円(本体 476円)
ISBN
978-4-87950-593-4 C0026

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS