清水弘文堂書房のその日、その月

極北彷徨⑤ ふたたび、ヌナブトへ

2010年2月26日


ランキン・インレットの飛行場。2010年2月撮影

3年と半年ぶりの現地訪問である。厳冬期となるとおそらく9年ぶりである。デルタ航空便でアメリカ合衆国ミネアポリスを経由して、カナダ国マニトバ州ウィニペグへ。ウィニペグで1泊し、ファースト・エアー便でヌナブト準州ランキン・インレット着。

2時間30分のフライト。定員24名のなか乗客は3人。それに対し、フライト・アテンダントは2人。パイロットもあわせたら、従業員のほうが多いじゃん、と思わずつっこみたくなる。あいもかわらずの極北の航空便は不採算路線である。政府の援助なしではやっていけないはずだ。飛行機内に響くエンジンの轟音と窓から見える真っ白な平原風景。平原という言葉は正しくないか。ただただ平坦な雪氷景色。

飛行機が空港に着くと、イヌイットの空港職員が2人飛行機に寄ってくる。独特の微笑を浮かべ、猫背である。猫背というのはモンゴロイド人種の特徴なのであろうか。猫背の人間は世界中どこでもいるだろうが、アジア人種に多いと感じるのは気のせいだろうか。閑話休題。2人とも飛行機の停止位置にポールを置くと、仕事そっちのけでふざけあっている。なんだかイヌイットらしい光景だ。

空港内にはいると、早速イヌクティトゥト語でこんな会話がかわされる。
「カヌイッピ(生きているか、元気か)?」
「カヌイギトゥガ(生きているぞ、元気だよ)」
「キナウビ(名前はなんだね)?」
「ウバガ、ヒヅキ(私はヒヅキだ)」
「ナムアッピ(どこから来たんだね)?」
「ジャパン、ミュウタ(日本からだ)」
「イマ―(ありゃまー)」
とこんな感じである。

外気温はマイナス20度ぐらいだろうか。乾燥しているので、日本のねちっこい寒さとはひと味違う。今回の滞在期間は1週間ほどと短いが、それでも、体中が覚醒する感がある。タバコの煙と白い吐息。凍てつく鼻毛。なんだかすべてが心地よい。これからの滞在が楽しみだ。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS