清水弘文堂書房のその日、その月

極北の地から帰国。海辺の町の津波騒ぎ

2010年3月12日

先週末、帰国しました。寒いところにいたので、帰ってきたら暖かく感じるかな、と思っていたら、今週のこの寒さ。おまけに雪まで降る。ようやく昨日から春らしい天気になっていました。編集室の窓からきれいな富士山を眺めることができました。今日は風が強いです。

カナダ滞在期間はバンクーバー・オリンピックの後半戦。極北の地も連日連夜オリンピック中継で大盛り上がりでした。普段、日本ではアイスホッケーの試合を観ることはありませんが、金メダルをかけた、カナダ対アメリカの試合はすごかったですね。試合終了間際で、アメリカがカナダに追いついたとき、怒号が飛ぶ、飛ぶ。2対2で突入したオーバー・タイム。イヌクティトゥト語で、「アティ(いけ)!」と英語のスウェアが入り交じり、興奮状態。

さすがカナダの国技。試合を決めたのは、若き主将シドニー・クロスビー。その日は村全体の人たちが昂揚し、夜になると、子どもたちはNHLプレイヤーのような気分でアイスホッケーに興じていました。

その裏で日本全体がチリ地震の影響による津波注意報で戦々恐々としているとは、知らなかった。海辺の町は避難勧告がでて、大騒ぎだったようです。「海岸沿いの編集室」はおそらく海抜1~2メートルぐらいでしょうか。大型の津波はこず、被害はなかったようですが、今後注意しなければなりません。

今回、極北の地でいろいろなことを再発見しました。極北彷徨もぼちぼち書いていこうと思います。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS