いつか、どこかへ ドォッカーデー


在日ラオス人たちの新年

2011年5月15日


写真:バーシーと呼ばれる健康や安全を願う伝統的な祈祷式のようす

ピーマイ

「あけましておめでとう!!」

先日、在日ラオス人たちのピーマイ(新年)のお祝いに、知人たちと一緒に参加させてもらった。
2月が中国の旧正月にあたるように、ラオス、タイ、ビルマなどでは、4月中旬が旧正月にあたる。現地では、1月よりも4月のピーマイが盛大に祝われる。ただ、その時期はたいてい平日なので、日本など他の国にいる人たちは、時期をずらして土日や連休に新年のお祝いをする。

兵庫県で毎年行われているピーマイは、西日本で暮らすラオス人たち数十から100人ちかくが参加した。遠路、広島から参加している人もおり、みんながとても楽しみにしているイベントであることが伺える。

この会は、主催者のラオス人の挨拶にはじまり、バーシーと呼ばれる健康や安全を願う伝統的な祈祷式が行われた(写真を参照)。厳粛に、というよりも、ワイワイガヤガヤしているなかで会は進む。続いてラオスの伝統衣装に身をつつんだ女性が踊りを披露し、みんなが待ちに待った食事にうつる。ビュッフェ形式でこんもりと盛られたおかず、そしてラオス料理には欠かせないもち米もたっぷりある。食事は、在日ラオス人たちがもちよったらしく、パパイヤなど手に入らない食材の代わりには人参が使われている。たっぷりと用意されたおかずは、最後まで尽きることはなかった。

食事の時間からは、大音量でラオスの音楽がエンドレスで流れる。音量が大きすぎて、大きな声を出さないと隣の人とも会話できず、周りの人が何を話しているのかは、まったくわからない。「音が大きければ大きいほど楽しいし、よいこと」という点は、タイも同じだ。ひととおり食事が終わると、会場は「ディスコ」と化し、みんなが踊り出す。音楽は、年長者に馴染みのあるものから、最新の流行歌まで用意されているという。サブカルチャーでもラオスと「つながって」いるのだ。

大きな音に慣れていない私たちは、いったん廊下のほうへ「避難」し、部屋を出入りする人たちと話をすることができた。

兵庫県の神崎郡という小さな町に、これだけ多くのラオス人が集結することにも驚いたが、その顔ぶれも多彩だ。年長者から日本生まれの子どもまでが参加し、30~40歳代の親世代のなかには、比較的最近になってラオスからやってきた人もいれば、幼少期をタイの難民キャンプで過ごした人もいるようだ。長年住んでいる人のなかには、見た目にも日本人と違わず、そして、少なくとも私よりも「関西弁らしい関西弁」を話す人もいる。

生い立ちを話すこと

ラオスへは10年ほどまえに一度だけ旅行したことがあるだけで、私とラオスの関わりは、ほとんどないに等しい。また言うまでもなく、ここで出会う人はみんな、初対面である。それなのに、声をかけた(かけてくれた)人の多くが、自身の生い立ちや、日本に来た理由や背景を、自ら語ってくれたことには何よりも驚かされた。

一般的な日本人の感覚からしても、また私のタイでの調査の経験からも、初対面のよくわからない人には、そんな話はしない。ピーマイという「ハレ」の非日常によるものだろうか。それとも関西人よろしく、たんにフレンドリーなだけなのか。そもそも、このピーマイのことは、知人の知人を通して知り、参加させてもらった。この方と彼らとの信頼関係が、初対面の私たちにも作用したのだろうか。

いずれにせよ、見た目にも日本人と変わらないように見え、バリバリの関西弁を話すので、言われないとラオス人(あるいはラオス出身者)だとわからない人もいる。それでも、気軽な調子で、生い立ちや日本にきた経緯を話してくれる。なぜだろうか。

幼少の頃に、ラオスからタイを経由して来日し、もう何十年も日本で暮らしていても、自らのルーツを大切にし、「そこをぬきにして私は語れない」、そんな意志のあらわれではないだろうか。「すっかり日本人になったね」と勝手に思うのは、日本人のほうである。彼らがラオスとのつながりを維持しつつ暮らしているように、定住することは、日本人に「同化」してしまうことではない。

対面世界での「多文化共生」への第一歩は、ついつい「同化」の基準で判断してしまう「あたりまえ」に気がつくこと。そんなことを改めて感じた「新年」だった。



著者紹介

久保忠行

久保忠行 (くぼ・ただゆき)

1980年、兵庫県に生まれる。2003年、大阪府立大学総合科学部人間科学科を卒業。同年から神戸大学大学院総合人間科学研究科へ進学。2006年に修士課程を修了し、2011年に同大学院の博士課程を修了(博士・学術)。同年4月から日本学術振興会特別研究員として京都大学東南アジア研究所に在籍。現在、タイ・ビルマ国境地域と日本の難民に関する人類学的な研究に取り組んでいる。

おもな業績に、「ビルマの『国民和解』に関する予備的考察―カレンニー社会から」、(『神戸文化人類学研究』、第2号、2008年)、「タイの難民政策――ビルマ(ミャンマー)難民への対応から」(『タイ研究』、第9号、2009年)、「難民の人類学的研究にむけて――難民キャンプの事例を用いて」(『文化人類学』第75号第1巻、2010年)、「難民キャンプにおける伝統の復興―難民キャンプと故郷の連続性」(『南方文化』第37輯、2011年)、『ミャンマー概説』(共著・めこん・近刊)などがある。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS