d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


弟子はいない

2011年2月5日

パパケイはいつも「ひとり」で仕事をしている。大作に取りくむときも、こまごまとした作品をつくるときも。どうしても手が足りないときは長男や次男に手伝わせる。ふたりの息子はそれぞれ、物理学者と医者を目指している。

住宅地の貸家の一室と居間をアトリエにして家族とほそぼそ暮らすパパケイ。彼を「アーティスト」だと知っている人は、この街にどのくらいいるのだろうか。すくなくとも近所の人たちのあいだでは、「いろいろなものを手でつくっている、クンレ(長男)くんのお父さん」という認識でしかない。

弟子入りしようとやってくるものもいない。若ものたちがパパケイから学ぶべきことはたくさんあるはずなのに。弟子たちがいれば、パパケイはもっとたくさんの仕事をこなせるだろうに。いや、でも、仕事は不定期にしかこない。弟子にあたえる十分な画材やわずかな小遣いもないのに、彼らを受け入れられるだろうか。

自作のセメント彫刻を壁にたてかけながら、パパケイは言った。
「これからもっと歳をとったら、こんなセメントの塊、ひとりじゃ抱えられないな……」
苦笑いと一緒に不安とあきらめが交錯するため息を吐き出した。

Photo
セメント彫刻に色を塗るまえに、鋳造の際に使用した(まだ表面に残っている)椰子油を洗い落とす作業を手伝う長男(左)と長男の友人(右)。体力と根気のいる作業で、若いふたりはよく手伝った。
2009年10月14日 イフェ、モーレ地区のパパケイの自宅玄関先にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS