d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


きみはやらないのかい?

2011年9月24日

アーティストのパパケイに習ったデッサン。2009年7月17日 イフェ モダケケ地区の下宿にて

この街で暮らすアーティストたちを訪ね歩き、作品をつくっているところを見たり、作品にまつわる話を聞き、ライフヒストリーをメモする。そんな人類学のフィールドワークをしているある日、ひとりのアーティストから言われた。「きみは話を聞くのが好きだね。彫ってみたくはないのかね?」

木彫家の彼は、つづけて言った。
「やってみたらいいよ、小さいものならそんなに力もいらないから」
「んー、今度やってみます」
と言ってメモを取りつづけた、あの日のわたし。

なんで彫刻刀を即座に握らなかったのだろう? 言葉にできない、口では伝えられない、自分の体で感じないとわからないことがあることを、ペンとノートを持ったわたしに教えようとしてくれたのかもしれない。

人びとを観察する。人間の暮らしを、生き方を記録して、論じる。
「文化って、社会って、なんだろう。人間って、なんだろう」
そこへすこしでも近づこうとしているのが人類学者と呼ばれる人たちであるのなら、見ていても、調べても、共感しようとしても、わからないことがたくさんある。周りを見ず、自分にだけ集中してやってみることもきっと必要なのだ、そこへ近づくために。

Photo
アーティストのパパケイに習ったデッサン。ヘルメットやわたしをモデルにパパケイが描き方を教えてくれた。わたしもパパケイを描いたりしながら、アーティストとおなじ目線で描くことを経験させてもらった。観察もせず、メモもとらず、考えようともせず、ただ、パパケイと一緒に描くことをたのしんだ。
2009年7月17日 イフェ モダケケ地区の下宿にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS