d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


ウーマナイザー

2011年8月6日

2009年7月2日 アブジャ ウセのアミナの家にて

「いまわたしに言い寄ってくるのはみんな既婚者よ」「一夫多妻制が認められるなんておかしな話だわ。妻たちを平等に愛せるわけがないじゃない」「一夫多妻主義じゃない男性のほうが、もっとたくさん『妻』を持っている場合さえあるのさ」「父親がよそで子どもをつくって、子どももその母親も家に連れてきて一緒に暮らすってのはよくあることよ」「わたしはすでに65歳のとき、精子の活動を止めたんです。ナイジェリアの男性としてはめずらしいことなんですけどね」

「95パーセント以上のナイジェリア人男性はウーマナイザー(女たらし)だ」
人びとがよくそう言うのは、うそではないのかもしれない。でも真相は『藪の中』。あなたが彼らと出会うまでわからない。

Photo
朝、娘を幼稚園に送って帰ってきたアミナ(左)と、前夜、アミナを訪ねて来て、起きたばかりのトイン(右)。仕事、家族、ウーマナイザーのこと……朝食をとるまえに、女3人でいろいろな話をした。ナイジェリアでは、イスラム教徒でなくとも、とくに農夫たちは伝統的に一夫多妻主義である。一夫多妻制、そして貧困やモラルの低下が男女・夫婦問題に深く関係していることは否めない。政治家の贈賄、宗教対立のほか、庶民の日常ではこうした問題が絶えない。しかし、彼らが苦しみながらも、日々あたりまえのようにこの問題を乗り越えていることもまた事実である。
2009年7月2日 アブジャ ウセのアミナの家にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS