d beauty of 9ja ― 魅するもの、ナイジェリアから


空をわたる人びと

2010年5月15日

機内食をとった後、眠るナイジェリア人乗客たち。2010年5月7日、ドーハからラゴスへ向かう飛行機内、スーダン上空にて

「なんの本を読んでるんですか?」
左の座席に座るタイ人の青年が、本のなかのモノクロ写真を興味深そうにのぞきこむ。
「今から55年くらい前にアフガニスタンを旅した人の探検記」
わかったような、わからないような顔をする青年。わたしは本を閉じ、イヤホンを外した。

梅棹忠夫さんの『モゴール族探検記』(岩波書店、1956年)という本だと説明したが、伝わらなかった。休暇を利用して友人を訪ねるのだと聞きとれたが、彼はほとんど英語をしゃべれない様子。さっきまでイヤホンなしで映画を見ていた。不安というよりかは退屈そうにしている彼と、身ぶり手ぶりを交えながら、入国審査の書類を一緒に記入する。

鳴りやまないエンジン音のなかの静寂。閉ざされた空間で、一路おなじ場所へ向かって空をわたる人びと。この平穏なときは、着陸すればひとたまりもなく消える。大統領だったウマル・ヤラドゥア氏は、一昨日逝去した。グッドラック・ジョナサン新大統領政権が誕生したばかりの現地は、どのようになっているだろうか。

振り向けば、うっすらと青黒い光に照らされる人びと。故郷へ降り立つまえの彼らは、どんな夢を見ているのだろう。

Photo
機内食をとった後、眠るナイジェリア人乗客たち。
2010年5月7日、ドーハからラゴスへ向かう飛行機内、スーダン上空にて

(毎週土曜日更新)



著者紹介

緒方しらべ

緒方しらべ (おがた・しらべ)

1980年島根県に生まれる。18歳まで福岡県で育つ。ロンドン大学東洋アフリカ学院(SOAS)にて学士課程をへて、2005年に同大学院修士課程を修了。2007年より、総合研究大学院大学文化科学研究科にて博士後期課程に在籍。

2003年以来ナイジェリアでフィールドワークに従事し、造形活動にたずさわる人びとをテーマに研究をおこなっている。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS