北國新聞に礒貝日月の講演の様子が掲載されました

2010年3月5日

北國新聞 2010年2月15日 人と自然の共生考える

北國新聞(2010年2月15日付)で、『映像詩 里山』特別上映会と、併せた礒貝日月の特別講演会の様子が報じられました。同イベントは2月14日、のと里山里海満喫ウォーク開催委員会とテレビ金沢が主催、北國新聞の後援を受け、金沢市のシネモンドにて開催されたものです。

「映像詩 里山」シリーズは、もともと「NHKスペシャル」のシリーズで、美しい自然をハイビジョン映像におさめ、数々の賞を受賞しました。その第3作目は滋賀県の広大な雑木林を「主役」とし、劇場版としても公開されました。現在 DVD や Blu-ray でも発売されていますので、日本の美しい自然をご家庭で楽しんでみてはいかがでしょうか。


神奈川新聞で『美味礼読』が紹介されました

2010年1月20日

神奈川新聞(2010年1月17日)にて『美味礼読』を紹介していただきました。


毎日新聞「BOOK WATCHING」で『美味礼読』が紹介されました

2010年1月8日

毎日新聞(2010年1月6日付)「BOOK WATCHING」欄の新刊コーナーにて『美味礼読』が紹介されました。

mainichi-20100106-011-240

現在、ウェブ上の毎日jp でもご覧いただけますので、ぜひご一読ください。

info 新刊:暮らし・教育 『美味礼読』=乳井昌史・著 – 毎日jp(毎日新聞)


『ハーモニー』 vol.32 にあん・まくどなるどインタビュー掲載

2010年1月5日

ECC が発行する情報誌『ハーモニー』にあん・まくどなるどのインタビューが掲載されています。

harmony-vol32-001-240

「私と外国語」をテーマとした巻頭のインタビューコーナーで、「あん先生、世界を翔る しなやかな共生の知恵『日本の里山』を内外に発信」と題されています。16歳で日本へ留学し異文化・異言語に接したときのショックと、そこから懸命に日本語を身につけていった経験をふりかえりながら、「話せるようになりたい!」という強い気持ちや、間違いを恐れずむしろ楽しむ姿勢が言語習得に必要だと語っています。

また、農山漁村のフィールドワークを行うようになり、「原日本人」の豊かさに魅了され、現在へ続く活動へと話は進みます。外国語習得と研究活動は渾然一体となって進んでいくものだということも感じられるインタビューですので、機会がありましたらぜひご覧ください。


『てんとう虫』2010年1月号で『美味礼読』が紹介されました

2009年12月22日

tentomushi-201001-p065-120

UCカード会員情報誌『てんとう虫』2010年1月号で『美味礼読』が紹介されています。巻末の「今月のプレゼント」コーナーでは 3 名様分が用意されていますので、ぜひご応募ください。


『GREEN LETTER』2009年12月号(No.31)にあん・まくどなるどインタビュー掲載

2009年12月22日

greenletter-200912-p001-240

公益信託富士フィルム・グリーンファンド(FGF)が発行する『GREEN LETTER』2009年12月号に、あん・まくどなるどへのインタビューが掲載されています。

カナダ・マニトバ州での生い立ちに始まり、日本の農漁村をフィールドと定めるまでの経緯、石川県・白峰山の焼畑や舳倉島の海女さんのことなどが語られています。日本では古くから、漁師や農家の方々が自然とともに生活する中で資源に対する感覚を研ぎ澄まし、「人と自然が折り合いをつける関係」を作り出していた。そうした関係を学んだ上で我々の未来像を描くべきだと述べています。

聞き手は『GREEN LETTER』編集長の瀬田信哉氏。弊社では『再生する国立公園 日本の自然と風景を守り、支える人たち』を刊行されています。


日刊ゲンダイで『美味礼読』が紹介されました

2009年12月20日

日刊ゲンダイ(2009年12月18日版)にて『美味礼読』を紹介していただきました。


産経新聞「書評倶楽部」で『美味礼読』が紹介されました

2009年12月12日

産経新聞「書評倶楽部」にて、乳井昌史著『美味礼読』が紹介されました。

興福寺貫首・多川俊映さんによる評で、現代の若者世代を中心に食生活の乱れが見られる中、「日本人の食を考え直す材料がさりげなく示されている」とおっしゃっています。

sankei-091212

 一篇(ぺん)1250字の短文。それらを舌なめずりしながら読み進むほどに、おのずから、ほどよい抑制がなければ美食たりえないことが理解されてくる。

現在この書評はウェブ上の MSN 産経ニュースでもご覧いただけます。下記リンクよりどうぞ。また『美味礼読』そのものもよろしくお願いいたします。

info 【書評倶楽部】興福寺貫首・多川俊映 『美味礼読』乳井昌史著 (1/2ページ) – MSN産経ニュース


『にほんの里100選ガイドブック』が「2009年最高に面白い本大賞」(『一個人』2010年1月号)実用部門第4位に選ばれました

2009年12月4日

一個人』2010年1月号(KKベストセラーズ刊)「“読書のプロ”カリスマ書店員が選ぶ2009年最高に面白い本大賞」の「実用」部門、青柳真紀さん(ジュンク堂書店池袋本店)セレクション第4位として、弊社刊『にほんの里100選ガイドブック』を選んでいただきました。

『一個人』2010年1月号は現在、ジュンク堂書店をはじめとする各書店に並んでいますので、ぜひ手に取ってみてください。


読売新聞「本よみうり堂」欄で『美味礼読』が紹介されました

2009年12月1日

読売新聞(2009年11月29日付)「本よみうり堂」欄で、乳井昌史著『美味礼読』が紹介されました。

yomiuri-20091129-420

11月30日付で YOMIURI ONLINE にも掲載されていますので、ぜひご一読ください。

美味礼読 : 書評 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE (読売新聞)

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS