愛犬家への警戒は怠らない

2011年1月28日

続きを読む

「犬ごころ、人ごころ」写真館① 湘南の夕焼けとワンコたち ― 2011年1月11日

ドッグイヤー/冷徹な運命② ― 2011年1月5日

ドッグイヤー/冷徹な運命① ― 2011年1月5日

気づきのチカラ ― 2010年12月30日

写真を選ぶ側から撮る側へ ― 2010年12月24日


著者紹介

池野谷 健二(いけのや けんじ)
Editor, Photographer, Writer, DTP Director
湘南・鵠沼在住
ken [at] dogphoto.jp ([at] を @ に変えてください)

出版社勤務を経てから平成2(1990)年に独立。様々な編集・制作業務に携わり、20年以上にわたる雑誌編集長のキャリアも持つ。現在はフリーとして活動中。

1997年、ゴールデンレトリーバーのセナ(♂)を飼い始めたことがキッカケで犬の撮影を始め、2002年に2匹目のアンディ(♂)も家族の一員に。それからは愛犬が生活の中心にいるという生活となる。2010年4月、初代のセナが亡くなり、2011年3匹目のディロン(♂)が家族に加わり、現在は2匹のゴールデンとともに暮らしている。

★ 犬の写真サイト「dogphoto.jp」:URL http://dogphoto-jp.wix.com あるいは dogphoto.jp
★ 写真集『ゴールデンが最高』/¥1,500(税込) ホームページ「dogphoto.jp」内のボタンより購入可能
★ 電子書籍フォトエッセイ「犬の写真で癒されよう/¥500」(ブクログのパブー http://p.booklog.jp にて販売)。
★ 2014年8月、初の写真展「犬と海」を神奈川県葉山町の葉山クラブにて開催。

(株)清水弘文堂書房

TEL 03-3770-1922 FAX 03-6680-8464

link toお問い合わせ送信ページ

RSS Feed RSS